スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとうに「戒名」って必要? そのお値段は?

 



バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   11 

遺影と花
仏教では、亡くなると「戒名」をつける。
そう思っている人が多いと思います。
しかし、これは誤解。宗派によっては、
戒名」そのものが存在しないところもあります。
その違いは、どこにあるのか?
戒名」をめぐるぶっちゃけ事情、
探ってみました。




 仏教徒であれば、死んだら、「戒名」というものが付けられるのだろう。
 たいていの人は、そう思っているかもしれません。そして、おそらくこうも思っているだろうと思います。

  立派な「戒名」を付けるには、金もかかるに違いない。

 確かに、そういう側面がないとは言えません。
 しかし、その前に、大きな誤解を解いておかなければなりません。
 実は、仏教界には、「戒名」そのものが存在しない宗派もあります。しかも、その宗派は、日本で最大の信者数を抱える浄土真宗や日蓮宗なのです。
 参考までに、日本の主な仏教宗派(新興宗教を除く)とその信者数を挙げておきましょう。

日本の主な仏教宗派と信者数(信者数順、新興宗教を除く)
宗派寺院数信者数戒名の有無
浄土真宗本願寺派10,3616,940,363なし
浄土宗6,9296,021,900あり
浄土真宗大谷派8,7845,533,146なし
高野山真言宗3,4795,486,000あり
日蓮宗4,6253,411,736なし
曹洞宗14,7641,578,712あり
真言宗智山派2,8511,537,777あり
真言宗豊山派2,6271,203,762あり
天台宗3,235613,174あり
真言宗醍醐派870562,080あり
文化庁『宗教年鑑』(平成6年版)より

ふくろう
「戒名」をつける宗派信者は、実は、少数

 仏教では、死者は、「仏の弟子」となって浄土への道をたどる――とされています。「仏弟子」となるためには、仏者として守るべき「戒(かい)」を授けられ、それを守る誓いを立てる必要があります。これを「授戒(じゅかい)」と言います。
 通常は、生きているうちに「授戒会(じゅかいえ)」という儀式を受け、「仏弟子」となった証として「戒名」を授けられます。しかし、忙しい現代人には、なかなかそんな機会を作る余裕がありません。時間はあっても、そこまで信心深くない人も多いだろうと思われます。
 たいていの場合は、死んだ後になって、その枕元で読経をしてもらい(これを「枕経=まくらぎょう」と言います)、そこで授戒の儀式も行って「戒名」をつけた上で、浄土に導く「引導」を与えて死出の旅に送り出す――という形をとります。
 天台宗も、真言宗も、さらには禅宗の臨済宗でも曹洞宗でも、浄土に迎えられるかどうかは、本人がこの「戒」を守るかどうかで決まりますから、「自力本願」と言われます。
 「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで、阿弥陀如来の慈悲によって浄土へ迎えられる――と説いた法然の「浄土宗」も、念仏を「行(こう)」と考えましたから、そこにはまだ「自力」が介在し、したがって「戒」も「戒名」も存在します。
 しかし、法然の弟子としてその考えを受け継いだ親鸞は、「念仏を唱えよう」という信心を起こしたその時点で阿弥陀如来の慈悲にすくい取られて、往生が定まる――と説きました。完全な「他力本願」で、そこには「戒」そのものが存在しません。「戒」がないので「授戒」の儀式もなく、したがって、「戒名」もつけません。浄土真宗では、「戒名」とは言わず、「法名(ほうみょう)」と言います。
 やや遅れて、布教活動を始めた日蓮宗の開祖・日蓮は、自らを「無戒の僧」と名乗り、いたずらな戒律を否定しました。ただ、法華経のみを信じ、「南無妙法蓮華経」と唱えれば(=信心唱題)、「即身成仏」できると説きました。戒律の意味を認めないので、日蓮宗では「戒名」は使わず、「法号」と言います。
 浄土真宗系と日蓮宗系は、どちらも信者数が多く、合計すると、仏教信者の約58%を占めてしまいます。
 つまり、常識のように思われている「戒名」をつける宗派は、社会全体では少数派というわけです。
 しかしながら、「戒名」と「法名」「法号」を使い分けていると、話がややこしくなるので、ここでは、便宜的に、まとめて「戒名」と呼んでおくことにします。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

「死」から「往生」まで、なぜ四十九日もかかるのか?

 



バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   10 

遺影と花
だれかが亡くなると、日本では通常、
一定期間、喪に服す期間を設けます。
仏式の場合だと、この期間を「忌中」として、
通常は、「四十九日」の法要を終えて、
「忌明け」とします。
ハテ、なぜ「四十九日」なのか?
49日間の謎を追ってみました。




 日本人の多くは、「前世」とか「来世」がある――と信じています。
 「人は、死んでも生まれ変わる」という、《輪廻転生(りんねてんしょう)》的な世界観を持っている民族、と言ってもいいかもしれません。
 仏教の教えというふうに思っている人も多いかと思いますが、実は、これは、仏教の思想ではありません。仏教の元となった「バラモン教」の教えです。
 「バラモン」の世界では、こう考えられていました。

 人は、死んでも、また新しい肉体を得てこの世に生まれ変わる。
 これを永遠に繰り返す。


 「生まれ変わる世界」を「来世」と言うのですが、この「来世」は、何も「人間世界」とは限りません。「バラモン教」では、人が生まれ変わる世界=「来世」を、6つに分けて考えていました。これを「六道(りくどう)」と言うのですが、その6つの世界とは――?

死後に待ち構える6種類の「来世」

【天 道】……「天人」が住まう世界です。
【人間道】……人間が住む世界。
【修羅道】……戦いや争いに生きる阿修羅の住まう世界。
【畜生道】……牛馬などの「畜生」が住む世界です。
【餓鬼道】……餓えと渇きに悩まされ続ける世界です。
【地獄道】……「最後の審判」でもっとも「罪が重い」と判断された者が落とされる世界。
※上記のうち、地獄道から畜生道までを「三悪趣」、修羅道から天道までを「三善趣」と呼ぶ場合もあります。

 さて、あなたはどの「ツアー」を選びますか?――なんぞと言ってる場合ではありません。
 実は、この来世スタイルは自分では選べません。選ぶのは、裁判官です。
 死者を「六道(りくどう)」のどの世界に生まれ変わらせるかは、生前の行い(カルマン=業)によって決まります。善い行いを積めば善い世界に、悪い行いを重ねれば悪い世界に生まれ変わります。現世で苦しい思いをするのは、「前世の報い」というふうに、「輪廻転生」的な世界観の中では考えられています。
 それを決める裁判官の代表が、みなさんご存じの閻魔大王(インドでは「ヤマ」と呼ばれます)です。

続きを読む

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

自分の「課税遺産」はどれくらいになる? その計算法

  



バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   09 

遺影と花
生きているうちに整理しておくべきこと。
そのひとつに、子孫に残す「財産」があります。
残す側(被相続人)も、残される側(相続人)も、
考えておかなければならないのは、
相続によって、相続人に
過大な負担がかかってはしまわないか
――ということです。




 「過大な負担」として注意したいのは、主には、次の2つのケースです。

 〈A〉相続額が大きくなり、相続税の負担が過大になってしまう場合。
 〈B〉相続によって相続人が負債を抱え込んでしまうことになる場合。


 伴侶も、子どももいない支配人・長住には、どちらの心配もない――と、胸を張りたいところなのですが、実は、そうはいかないんですね。
 妻も子どももいない――となると、相続は、第2順位の父母や祖父母に、そのどちらも亡くなっていれば、第3順位の兄弟姉妹に、それも亡くなっていれば、その子ども(おい・めい)へと回っていきます。
 ここまでが、「法定相続人」。
 特に、遺言が残されていない場合には、遺産は、以下の優先順位で相続されることになります。ちょっと整理しておきましょう。

遺産相続で優先される「法定相続人」とは?

配偶者 常に「法定相続人」となります。
第1順位法定相続人 子ども。子どもが亡くなっている場合は、孫。
第2順位法定相続人 被相続人の父母。父母が亡くなっている場合は、祖父母。
第3順位法定相続人 被相続人の兄弟姉妹。兄弟姉妹が亡くなっている場合は、その子ども(おい・めい)。

 ひとつだけ覚えておいていただきたいのは、これらの法定相続人の間で、異なる順位の相続人が同時に「法定相続人」となることはできない――ということです。
 《第1順位》の子どもがいるのに、《第2順位》の「親」や《第3順位》の「兄弟」が「法定相続人」として名乗りを上げることはできないわけですね。
 これは、法定相続の大原則ですから、頭の中に入れておいていただきたいと思います。

続きを読む

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

あなたも「千の風」になる?~散骨のすすめ

 



バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   08 

遺影と花
死んだら、自然に還りたい。
おそらくそれが、生きものである人間の
ごく自然な望みではないか――と思います。
しかし、土葬がほとんど行われない日本では、
還る方法がありません。
もし、あるとすれば――。




 「私のお墓の前で泣かないでください」と歌った『千の風になって』という歌がありました。秋川雅史が歌って大ヒットしましたから、まだ、みなさんの記憶にも新しいかと思います。参考までに、こんな曲でした。(→You Tubeより)

 ここからが、今回のテーマ。
 この歌の詩の作者は、なぜ、「泣かないでください」と言っているのか?
 それを追求してみたいと思うのです。
 詩が語っているのは、「そこに私はいない。眠ってなんかいない」から――です。
 では、どこにいるのか?
 「千の風」になって、「大きな空を吹きわたっている」と言うのです。

 原詩とされるのは、アメリカ人女性メアリー・フライが書いた『 Do not stand at my grave and weep(私のお墓に立って泣かないで)』という詩。これを日本語の歌詞として訳詞したのは、作詞作曲家の新井満氏です。

ふくろう
「千の風になって」は、「散骨賛歌」かもしれない

 詩ですから、いろんな解釈の仕方があると思いますが、筆者は、ひと目(というか、ひと聞き)で、「これは風葬の歌だ」と直観しました。
 「風葬」とは、本来は、遺体を自然の風化にまかせる葬い方ことを言うのですが、人間の数がこれだけ増えた地球上でそれをやっていたら、地表はいたるところ、腐敗した遺体だらけ――という状態になってしまいます。
 ちなみに計算してみると、こんな数字になりました。

地球には、何人埋葬できるか?

世界の陸地面積―――149億ヘクタール
内・人間が利用可能な陸地面積―――131億ヘクタール(88%)
内・農耕、牧畜、森林として利用されている面積―――87.8億ヘクタール
その他工業・商業等の活動に利用されている面積―――3億ヘクタール
人間が居住するために使える陸地面積―――40.2億ヘクタール
人間1人当たりが生活のために使える陸地面積(2050年予測)
―――4467㎡(66.8m×66.8m)
内・住宅用敷地面積(世界平均)―――約270㎡
人間1人あたり埋葬用面積―――約2㎡
人間1人当たり居住可能陸地面積への埋葬可能人数―――約2098人

 人間の寿命は、世界平均で約70歳ですから、70年に1人埋葬されるとして、14万6860年後には、地球の居住可能陸地は、埋葬または放置した人間の遺体で満杯ということになってしまいます。
 すべて「風葬」とした場合には、地上は人間の骨だらけになってしまう計算。埋葬した場合にも、墓地で満杯になってしまいます。
 これを避ける方法は、「遺骨の粉砕」しかありません。粉砕して「灰」にした遺骨を、土に還してあげるか、海に流してあげるか、「風」に吹かせてしまうしかない。つまり、「散骨」です。
 『千の風になって』は、「風葬」の進化した形としての「散骨」を歌い上げた曲と言ってもいいのではないか――と、筆者は思うのです。

続きを読む

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

「遺骨」って、ほんとうに必要ですか?

 



バナー小

 葬儀と墓地のぶっちゃけ話   07 

遺影と花 遺骨、要らない――と、
受け取りを拒否する人たちが
増えているのだそうです。
墓地がない、持つ意思もないとなれば、
遺骨を引き取っても、処理に困るだけ。
ほんとうに骨は必要なのか?
日本人の精神は、
いま、大きな曲がり角に直面しています。




 日本社会は、急速に「無縁社会」化しつつあります。
 だれかが亡くなっても、その遺体を引き取る人間がいない。いても、経済的理由などで引き取ることができない。そんなケースが、けっして珍しくなくなっています。
 そうして、だれも引き取り手がいない遺体は、「無縁死」として市町村などの手で火葬され、「無縁墓」などに埋葬されます。こうして「無縁仏」となる死者が、毎年3万2000人にも上るのだそうです。
 仮に身内のだれかがなくなった場合、それが「同居の親族」であった場合には、その事実を届け出ずに放置してしまうと、刑法190条の「死体遺棄罪」に問われてしまいます。
 戸籍法86条、87条には、次のように定められています。

第八六条 死亡の届出は、届出義務者が、死亡の事実を知つた日から七日以内(国外で死亡があつたときは、その事実を知つた日から三箇月以内)に、これをしなければならない。
2 届書には、次の事項を記載し、診断書又は検案書を添附しなければならない。
 一 死亡の年月日時分及び場所
 二 その他法務省令で定める事項

ここに記された「届出義務者」については、以下のように定められています。

第八七条 左の者は、その順序に従つて、死亡の届出をしなければならない。但し、順序にかかわらず届出をすることができる。
 第一 同居の親族
 第二 その他の同居者
 第三 家主、地主又は家屋若しくは土地の管理人
2 死亡の届出は、同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人及び任意後見人も、これをすることができる。

 戸籍法が定めているのは「届け出の義務」だけです。
 その後、遺体を引き取って埋葬または火葬する義務までは定められていません。
 というのも、「火葬」にするだけで、東京都の場合だと、5万円強の費用がかかってしまいます。それだけじゃありません。火葬場までどうやって遺体を運ぶか――という問題が発生します。
 遺体は、通常、棺などに入れて運搬しますが、小型の自家用車などでは入りきれない場合もあり、そうなると、葬祭業者などに運搬を依頼することになります。火葬をすませるだけで葬儀などを行わないという葬儀を、葬祭業者では「直葬」と呼んでいますが、この方法だと、最低でも8万円ほど、高いところだと22万円ほど要求される場合もあります。
 そんな費用もない――となると、遺体の引き取りまたはその処理を拒むこともできます。
 その場合には、死亡地の市町村長がそれを行うことが、「墓地埋葬法」に次のように定められています。

第九条  死体の埋葬又は火葬を行う者がないとき又は判明しないときは、死亡地の市町村長が、これを行わなければならない。
2 前項の規定により埋葬又は火葬を行つたときは、その費用に関しては、行旅病人及び行旅死亡人取扱法(明治三十二年法律第九十三号)の規定を準用する。

 ただし、この場合でも、火葬などにかかった費用は、後日、相続人などが請求されることになります。

続きを読む

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。