スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎の「サ高住」で暮らす――という老後について

バナー小

 「終の棲家」を求めて   02 

水車小屋
「老後」を、ひとりでも安心して過ごせる
住居スタイルとして、いま、注目されているのが、
サービス付き高齢者向け住宅、
通称「サ高住」と呼ばれる賃貸住宅です。
しかし、その家賃、決して安くはありません。
探すなら、地方の、しかも田舎の施設がネライ目。
今回は、そんな話をまとめてみました。




 ここなら安心して暮らせる。
 高齢の域に達するにつれ、そんな住居を求め始めている人も多いかと思います。もっとも切実にそれを望むのは、単身の高齢者で、しかも「賃貸」という人たちでしょう。
 そんな中で、いま、注目を集めているのが「サ高住」。正式に言うと、

 サービス付き高齢者向け住宅

 です。
 最初に申し上げておきたいのは、「サ高住」は、「有料老人ホーム」ではない――ということです。
 あくまで、60代以上の高齢者が安心して暮らせるようにと、国が定めた制度であり、平成23年4月に改正された「高齢者の居住の安定確保に関する法律」によって、一定の基準を満たす住居に対して、都道府県が認可して登録できるようになりました。
 その基準というのは、主に、次の4点です。

〈1〉バリアフリーの構造であること。
〈2〉ケアの専門家が常駐し、入居者の安否確認ができること。
〈3〉専有部分(各個室)の面積が原則25㎡以上あること(共用の居間・食堂・台所などが十分な面積を有していれば、18㎡以上)。
〈4〉専有部分(各個室)に、水洗トイレ・洗面設備・収納・キッチン・浴室を備えていること(キッチン・収納・浴室は共用でも可)。

 これらを満たしている――と都道府県に認定されれば、「サ高住」として登録され、入居者を募集することが可能になります。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

「タワーマンション」は「終の棲家」になるか?

バナー小

 「終の棲家」を求めて   01 

水車小屋
「老後」を悠々自適に過ごしたい――と、
都心にマンションを買い求める人たちに、
「タワーマンション」が人気なのだそうです。
しかし、ちょっと待った! です。
はたしてそんなマンションが「終の棲家」に
なり得るのか? 疑問の声が挙がっています。




 都心にマンションでも買って、老後を悠々自適に過ごそうか――と考えている人もいるかもしれません。
 筆者もそろそろ、その域にさしかかってはいるのですが、なにせ貧乏暮らしゆえ、マンションを買うなんて発想は、とてもとても……です。
 ところが――。
 しばしばニュースでも取り上げられたりもしていますが、都心に次々に建てられるタワーマンションが、たちまち完売になったりしているというではありませんか。しかも、価格の高い高層階から順に……というのです。
 これは、いったい、どういうこと? と筆者は思いました。
 というのも、それは、私たちが目にし、耳にしている住宅業界の現実とは、あまりにかけ離れている――と感じられるからです。

カラス40%が「空室」になる25年後の日本

 日本の住宅は、簡単に言うと、「供給過剰」の状態に陥っています。その結果、増え続けているのが「空室」です。
 賃貸物件で、2010年には、日本全体で23.07%が空室という状態。新築物件でも、現在20%程度が空室で、野村総合研究所のレポートによれば、2040年には、それが40%程度にまで上昇する――と予想されています。
 それはそうでしょう。
 日本の人口は、すでに減少に転じていて、2016年6月1日現在の推計値は、1億2696万人(総務省発表)。これが、2030年以降は毎年100万ずつ減り続け、2060年には8700万人になると予測されています。

高層マンション もはや、止めようもない「人口減少」。にもかかわらず、不自然なことに、住宅着工件数は増え続けているんですね。
 なぜだ! と言いたくなる現象ですが、ディベロッパーはマンションを造り続けるしかない。売れようが、売れ残ろうが――です。
 現在、新たに着工されるマンションは、その9割が「空室状態」のまま竣工され、出来上がっても完売できずに、1年以上、販売を続けているマンションがゴロゴロあると言われています。
 そんな状態であるにもかかわらず、ピカピカのタワーマンションなどが売り出されると、「資産になるから」と買いに走る人たちがいます。
 はたして、そうなのか?
 専門家たちからは、疑問の声が上がっています。

続きを読む

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

「終の棲家」を求めて☆記事一覧

バナー小

 「終の棲家」を求めて   目次 

水車小屋
あなたは、人生の終焉を迎える場所を
もう、決めていますか?「終の棲家」には
どんな場所がふさわしいか? その知恵と情報を
ご紹介する記事群です。



 記事一覧 
読みたい記事のタイトルをクリックしてください。

 01  「タワーマンション」は「終の棲家」になるか?
 02  田舎の「サ高住」で暮らす――という老後について





テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。