スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「声かけ隊」結成するゾ!――の件について

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   10 

砂丘のふたり 「ひとり暮らし」を続けている支配人・長住は、
常にある「不安」とともに日々を過ごしています。
もしある日、突然、倒れて、それをだれにも
気づいてもらえなかったら……という不安です。
そのまま行けば「孤独死」。
そんな不安を解消するためには、
何かしらの組織が必要。そこで――。




 支配人が居住する千葉県には、いくつか、巨大な団地が存在します。
 1959年に入居募集を開始し、全170棟・4839戸を擁する「常盤平団地」もそのひとつ。この団地も、他のUR団地同様、住民の「高齢化」という問題に直面しています。
 現在の高齢化率は、38.4%。住人2.6人に1人が高齢者という状況の中で、何件か、痛ましい出来事が報告されました。2001年には、69歳の男性が死後3年間放置されたまま、白骨死体となった状態で発見され、翌2002年には、50歳の男性がこたつに伏せたままの状態で、死後4カ月経って発見されました。
 こうした事態を憂慮した団地自治会や団地社会福祉協議会が、理事会で協議を重ねるなどして、3年後に「孤独死ゼロ作戦」を発表しました。
 基本コンセプトは、「人と人とのつながりを重視する」。そのために、自治会などが具体的に取り組んだことは、主に次の3つです。

千葉県「常盤平団地」~「孤独死ゼロ作戦」の取り組み

〈1〉あんしん登録カードの活用……65歳以上のひとり暮らしの高齢者に、身内の連絡先などを登録してもらい、不測の事態の際の連絡に役立てるようにしました。

〈2〉民生委員と協力して見守り活動を実施……自治会が民生委員と協力し合って定期的に家庭訪問を実施するなどの活動を行っています。

〈3〉いきいきサロンの運営……団地内に、住民のだれもが利用できる居場所として設置され、出会い・ふれあいを通して、地域の和づくりの拠点として活用されています。

 こうした常盤平団地の「孤独死ゼロ作戦」は、「NHKスペシャル」でも取り上げられ(2005年「ひとり団地の一室で」)、2006年には、その番組が「ABU賞最優秀賞」を受賞するなどして、世界中に日本での「孤独死」問題を知らしめることとなりました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

60過ぎたら、「元気ですよ」は自ら発信!

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   09 

砂丘のふたり
「私は、元気で生きてますよ」という情報を
周囲の人間や友人たちに知らせる方法を、
みなさんは何か持っていますか?
60を過ぎると、そういう「安否情報」を、
自ら発信する工夫が大事になります。
そのために、いま、やっておくべきことは――?




 高齢化社会の中で増えている、単身高齢者の「孤独死」。
 それを防ぐためには、自分の「安否情報」を発信する工夫が必要。それには、単身高齢者が自ら実践すべき方法もあれば、周囲の人間が取り組むべき方法もあります。前回の記事「孤独死しないために、いま、考えておくべきこと」では、自ら実践できる方法として、各種「見守りサービス」を利用する話をしました。
 しかし、それには、けっして「安い」とは言えない費用もかかる。そんな余裕はないという人なら、単身高齢者が自ら、自分の「安否」を発信し続ける工夫が必要――と申し上げました。
 どうやって……?
 今回は、そんな話をしてみたいと思います。

カラス60過ぎての「年賀状」は、「生存証明」でもある

 私は、50代に突入してから、マメに年賀状を出すようにしました。60を過ぎてからは、その年賀状の中に「近況」という欄を設けて、「いま、何をしているか?」「健康状態」などを簡単に伝えるようにしました。
 それぐらいの年齢になると、ポツポツと、成人病を患ったり、そのために命を落とす友人が現れたりします。「オレはまだピンピンしているゾ」を伝えておかないと、「そう言えば、あいつ、どうしてるんだろう? 今年は年賀状も来てなかったけど、もしかして死んでるんじゃあるまいか?」などと思われかねないからです。
 しかし、年賀状で伝えられる「安否情報」は、年に1回。「孤独死」を防ぐ効果としては、はなはだ不足――というより、まったく役には立ちません。せいぜい、「消息不明」になることを防ぐ程度の効果しか期待できないだろうと思います。
 もう少し頻繁に、できれば日々、だれにもわかるように、自分の「安否」を発信できる工夫が、何かないものでしょうか?

カラス私が、毎日、「ブログ」を更新する理由

 支配人・長住は、自分が運営するブログを毎日更新して、トップページにその日の日付を記した記事を配するようにしています。
 友人や遠く離れたきょうだいたちには、私は、こう頼んでいます。

  もし、2日経っても日付が更新されてなかったら、
   何かあったな――と思ってほしい。


 彼らが、毎日、のぞいてくれているかどうかはわかりませんが、「安否情報」のひとつになるかな――とは思っています。
 スマホ派の人たちなら、安否確認用のアプリを利用するという方法もあります。
 「まもるゾウ-防災」「Life360」など、家族の「位置」や「安否」を、常時、確認できる無料アプリが用意されていますので、こういうアプリを利用して安否確認ができるようにしておくというのも、ひとつの知恵かもしれません。
 ただし、ブログにしても、安否確認アプリにしても、これらが「安否確認」の手段として効果を発揮するためには、マメな友人や親族がいることが条件。確認したいと思う側が意識的にアプローチしない限り、「何かあった」を察知することはできず、異変に気づかないまま、長い間、見過ごされてしまうということも、ないとは言えません。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

「孤独死」しないために、いま、考えておくべきこと

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   08 

砂丘のふたり
支配人が恐れていることがあります。
死んだことをだれにも気づかれないまま、
放置される「孤独死」が、
これからどんどん増えていくのではないか。
この恐れを取り除くには、どうすればいいか?
いまのうちに考えておくべきことがあります。




 すでにみなさん、耳にタコができるほど聞かされているだろうと思いますが、日本という社会は、全人口の4分の1が65歳以上の高齢者という、前例のない「高齢化社会」に突入しています。
 その高齢者のうち、約600万人が「ひとり暮らし」。公営住宅も、4分の1が単身高齢者で占められています。
 問題は、この「単身高齢者」。そのひとり暮らしの高齢者が、だれにも気づかれないままひっそりと亡くなり、発見されるまで放置されてしまうというケースが、増えているのです。
 こういう「死」は、「孤独死」と呼ばれようになりました。その数、年間約3万人
 毎年、3万人もの人間が、その死をだれにも気づかれることがないまま放置され、腐乱したり、白骨化した状態で発見される。
 海外のメディアは、日本で起こっているこの事態を、驚きをもって伝えています。
 地方の過疎地域でも起こり得る問題ですが、数としては、大都市の真ん中で起こる事例が圧倒的に多い。筆者はそこに、問題の根の深さを感じています。

カラス「大都会」は、人間が「孤立」する「無縁社会」

 2015年に東京23区内で、だれにも看取られずに自宅で死亡したひとり暮らしの高齢者(65歳以上)は、3116人に上ります(東京都監察医務院)。
 これは、統計を取り始めた2003年の2・1倍。そのうち、1973人が男性、1143人が女性。全国的にも同様の傾向が見られ、「孤独死」する高齢者は、女性よりも男性が圧倒的に多いようなのです。
 これは、なぜか?
 そこにこそ、「孤独死」が増えていく原因のひとつが、隠されているように思えます。
 もう、みなさんお気づきかもしれませんが、実は、男性高齢者と女性高齢者のいちばんの違いは、コミュニケーション能力にあります。
 女性は、どちらかと言うと、「そうよね」「そうだわね」と「同調」し合い、共通項を見つけてはうなずき合う「ヨコ型」のコミュニケーションを得意とします。こういうコミュニケーション能力は、地域でコミュニティを形成するのに、優位にはたらきます。
 一方、男性は、どちらかと言うと、「どちらが上か?」「どう違うか?」を重視し、序列や順位や役割・地位にこだわってモノを言う「タテ型」のコミュニケーションを得意とします。こういうコミュニケーション能力は、会社や軍隊や学校という組織社会では優位にはたらきますが、地域社会でコミュニティを形成するのには、あまり役に立ちません。というより、むしろジャマです。
 女性が、近所の住民と気軽にあいさつや世間話を交わして、地域社会に溶け込んでいくのに対して、男性は、隣同士とさえ、ろくにあいさつも交わさず、地域社会に溶け込むのが下手です。
 つまり、男のほうが地域社会で「孤立」しやすい性質を備えているわけです。
 「隣のおじさん? この前まで、元気に外出したりしてたようだけど、そう言えば、最近、姿見ないわねェ」となり、気がつけば「死んでいた」となるケースが、珍しくありません。
 このコミュニケーション不足が、「孤独死」を増やしてしまう大きな一因になっている――と指摘されているのです。

続きを読む

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

「若い人」と仲よくなるための、3つの原則

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   07 

砂丘のふたり
「若い人」と話をするのは苦手。
あなたはそんなふうに感じてはいませんか?
しかし、それでは、シニアは、ジジババだけで
寄り添って生きていくしかなくなります。
異世代との交流が得意な人とそうでない人。
その違いを生むのは、たった3つの原則です。




 「最近の若いやつらは」
 「最近の若い人たちって」
 もしかしたらあなたは、こんな言葉を口にしたり、頭の中でつぶやいたりしたことがあるのではないでしょうか?
 しかし、こういう言葉を口にしたり、つぶやいたりしている限り、若い人たちとの「多世代間交流」は、むずかしいかもしれません。
 何かにつけて「最近の……」と言い出す人たちは、心の底に「オレたち(私たち)が若かった頃は」という言葉を秘めています。その後に続く言葉は、世代によってさまざまでしょう。
 もちろん、思想・信条によっても、その言葉は違っているだろうと思いますが、ごく平均的には、こういうところではないか――というのをまとめてみました(以下は、男性の言葉としてつぶやいていますが、おそらく、女性の場合も大して変わらないだろうと思います)。

【現在85歳以上の人たちの「オレたちが若かった頃は……」】
・オレたちは、みな、お国のために命を捧げる気でいたんだ。
・女は、操を守って男に尽くし、家を守る。それが女の仕事だった。
【現在72~85歳の人たちの「オレたちが若かった頃は……」】
・子どもの頃は、みんな、イモを食ってガマンしたんだ。いまのやつらはぜいたくすぎる。
・戦後は、仕事命、会社命でガンバった。そのお陰でいまの繁栄があるんだゾ。
【現在65~72歳の人たちの「オレたちが若かった頃は……」】
・厳しい競争を勝ち抜いてきたからなぁ。なにしろ、人数が多かったから(団塊)。
・オレたちの時代には、自分の意見はしっかり主張したもんさ。たとえ上とぶつかっても。
・フォークも、ロックも、プロレスも、コミックも、みんな、オレたちの時代の産物さ。
【現在55~65歳の人たちの「オレたちが若かった頃は……」】
・社会? そんなきれいごとには背を向けてたね。シラけまくってたから。
・この世の中、結果がすべて。オレたちはそうして自分を磨いてきたんだ。

 しかし、こういう「オレたち(私たち)が若かった頃は……」を、いまの「若い人たち」にまともにぶつけても、「時代が違うから」と退けられるか、敬遠されてしまうのがオチだろう――と、私は思います。
 では、どうすればいいのか?
 今回は、そんな話をしてみようかと思います。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

「昼カラオケ」がシニアを孤立から救う~ある居酒屋の試み

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   06 

みんと外観 シニアの社交場として、いま、
「昼カラオケ」が注目されています。
たいていの店が、
《1000円、ワンドリンク付きで歌い放題!》というシステム。そんな中に、
福祉とカラオケを融合させた、
ちょっとユニークな店を発見!




 千葉県船橋市、新京成線「高根木戸」駅から歩いて7分ほどの閑静な住宅街に、その店はあります。
 「昼カラオケ みんと」と大きな文字で書かれた、外壁一面を覆うような看板。これなら、どんな高齢者でも、迷うことなく店を見つけられそうです。
 店内に入って驚かされるのは、奥正面に設けられた大きなステージと、その前に開けた広いフロア。そのフロアを囲んで「コ」の字型にボックス席とスタンドが並んでいます。
 「居酒屋カラオケ」としては、やや広すぎるとも感じるスペース。しかし、同店を運営する「株式会社ふくしねっと工房」の友野剛行代表は、「それこそが重要」と、ステージと広いフロアの意義を語ります。

カラス「昼カラオケ」にはステージが欠かせない――という理由

 友野代表によれば、「昼カラオケ」を「カラオケボックス」にしたのでは、あまり意味がないのだそうです。
 最大の理由は、「2人、3人で個室に閉じこもって歌う、という形では、グループ間のコミュニケーションが生まれないから」です。

みんとステージ みんと客
広いステージで気持ちよく歌うお客さん(左)とボックスシートで歌にに耳を傾けるお客さん(右)

 取材に訪れた日は、「敬老の日」ということもあって、店内は、高齢者のグループで、ほぼ全席、埋め尽くされていました。年齢は60代から80代まで。それぞれ、2人か3人ずつのグループに分かれて座っているのですが、1曲、だれかが歌い終えると、すぐ次の曲がかかり……というふうに、ステージには、常にだれかが立ってマイクを握り、身振り手振りよろしく、自慢の歌を披露しています。
 人が歌っているのを聞きもしないで、下を向いて歌本をめくり、自分の曲を探す――などという、カラオケボックスでおなじみの光景は、「みんと」では見られません。だれかが歌っている間は、ほぼ全員がスポットライトの当たったステージに注目し、それがムーディな曲であれば、1組、2組……と席を立って、ダンスを始めます。
 歌い終わった人と次に歌う人は、ひと言、ふた言、言葉を交わし合い、どちらかが席を立って、相手のグループの席で談笑にふけるという場面も見られました。
 こうして地域の見知らぬ同士がふれあい、やがては、そこに「コミュニティ」が形成されていく。「昼カラオケ みんと」というスペースは、そんなコミュニティ作りに確かな役割を果たしているように見えました。
 しかし、友野代表によると、「ステージのある昼カラオケ」が果たす役割は、それだけではありません。ステージに上がってスポットライトを浴びる――という行為そのものが、高齢者の脳に、いい刺激を与えているのではないか、と言うのです。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。