「次にすること」「さっきしたこと」を忘れてしまう





バナー小

 ボケモンGO!   03 

ボケじいさん
あれ!? 次に何をするんだっけ?
さっき何をしていたんだっけ?
こういうことを記憶しておく力は、
「作業記憶」と言われます。
悲しいことではありますが、
その能力は、加齢とともに、
どんどん衰えていきます。
何か、防ぐ方法はあるのでしょうか?




 支配人は、これまでの人生の半分以上を、「自分のメシは自分で作る」をモットーに生きてきました。
 自慢じゃないけど、手慣れたものです。
 しかし、ここへ来て、その手慣れたはずの作業に、やや不安を感じるようになりました。その不安は、たとえば、こんな場面で顔を出してきます。

  あれ、この肉、もう塩を振ってあったんだっけ?
  あれ、オレ、何で鍋を火にかけたんだっけ? 何をするつもりだった?
  肉を炒める前に、何かしようと思ったことあったよな。何だっけ?

 こういうことでハタ……と手が止まってしまうことが、最近、少なくない。これって、そろそろボケてきたってことか?――と思ったりもするのですが、どうも、それともちょっと違うような気がします。
 確かに「脳力」は、若いときほどではない。しかし、ものを考えたり、分析したり、判断したりする「脳力」は、しっかりキープできている――という自負はある。
 では、何が衰えているのか?
 私がもっとも衰えつつあるなぁと自覚しているのは、「作業記憶=ワーキングメモリー」です。「作業記憶」というのは、作業を進めるために、脳の中に一時的に記憶される「短期記憶」のことです。

ふくろう
加齢とともに衰える「作業記憶」

 たとえば、あなたが「(3×4)+(4×6)」という計算を、暗算で行おうとしているとしましょう。こういうとき、私たちは脳の中で、こんな作業をします。
 まず、「3×4」という計算を行い、その結果「12」をいったん脳の中に記憶します。次に「4×6」という計算をして、その結果「24」も同様に脳の中に記憶します。
 このとき記憶した「12」や「24」は、計算結果を得るために一時的に脳の中に格納されただけの記憶なので、「12+24=36」という計算作業が完了した時点で、きれいに消去されてしまいます。
 ところが――です。加齢が進むと、この「一時記憶」されたはずのメモリーが、まだ計算途中だというのに、どっかへいっちゃうんですね。

  オーイ、さっき計算した「?」はどこ行った~?

 というわけです。これ、困るんですよねェ。
 私の場合、いちばん困るのは、文章を書くときです。私は、正確な記事を書くために、よくネットで調べものをします。たとえば、「湾岸戦争が起こったのは何年だっけ?」なんてことを調べるのにネットを検索して、「そうか、1991年だったか」とそれを「一時記憶」のフォルダーにしまったり、「あのCMに出ている女優、何て言うんだ?」とネットで調べて、「そうか、中条あやみっていうんだ」と確認し、それをやはり「一時記憶」のフォルダーに保存したりします。
 調べるのは、「年代」などの「数値」や「人の名前」だったりすることが多いのですが、これがかなりヤバい。「なるほどね」とネットを閉じて、いざ、文章の続きを書こうとすると、いま調べたばかりのはずの「数値」や「人名」が、頭の中から消えてしまっていることが多いのです。「待てよ、19……何年だっけ?」「中条……あれ、下の名前は何だっけ?」と、再びネットを検索し直すことも度々です。
 これも、「作業記憶=ワーキングメモリー」。こういう一時記憶をロストする率は、加齢とともに多くなったような気がします。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

松たか子と松島菜々子が見分けられなくなったら…





バナー小

 ボケモンGO!   02 

ボケじいさん

歳とともに衰えてくる脳の機能のひとつに、
人の顔を識別する能力があります。
「この人、だれだっけ?」と感じることが、
確実に増えてきます。
特に感じるのが、TVなどに出てくる人の顔の区別。
みなさんは、たとえばAKB48のメンバーの顔を
識別することができますか?




 だれだっけ、この人?――と、TVを見ながら思うことが増えた。
 これって、脳の老化の始まり?
 そんな不安を覚える人もいるかもしれません。筆者・長住も、しばしばそんなふうに感じることがあります。
 たとえば、下記の2枚の写真。みなさんはどっちがだれだか、一瞬で判断できるでしょうか? 私は、ときどき迷うんですね。

松たか子 松島奈々子
出典/https://goo.gl/images/tDqozR      出典/https://goo.gl/images/DSBEA4

 もちろん、左が松たか子さん、右が松島菜々子さん――なのですが、メイクなどによっては、どっちだかわからなくなり、番組表で出演者を確認したりします。
 有名女優でさえそうなのですから、AKB48のメンバーの顔を識別するなんぞ、もう、至難のワザです。
 そういうことが、日常生活でも起こります。

続きを読む

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

「青」でSTOP、「赤」でGOになるボクの脳





バナー小

 ボケモンGO!   01 

ボケじいさん
みなさんは、自分の脳を信じてますか?
実は、私は、
あんまり信用してないんですね。
というのも、脳は、
たまにエラーを起こすからなんです。
それも、とんでもない場所で。
最近も、こんなことがありました。




 よし、突っ切ろう――と思ってペダルを踏み込んだとたんに、目の前の信号が変わった。
 チッと舌打ちして、左のブレーキハンドルを握りしめる。
 キーッと大きな音がして、横断歩道で信号待ちしていた善良な面立ちの通行人たちが、一斉に私の愛車(←チャリです)に目を向ける。

 驚かしちゃった? ごめんなさい。

 そう思って目を伏せ気味にしている私を、なおも市民たちは、ジロジロと見ている。
 そりゃ、驚かせちまったのはわるかったけどさ――と、私は思う。
 そんなにジロジロ見ることはないだろう。
 信号が変わっちまったんだからさぁ、青に。

 エッ、青……?

 そこで初めて、私は気づいたのです。
 私が見ていたのは、正面の信号であり、しかも、その信号は「青」に変わったんだ。つまり、「GO」だったんだ。なのに、急ブレーキをかけて止まってしまったので、周囲の人たちは奇異な目で私を見たのに違いない――と。

ふくろう
脳は、ときどきエラーを起こす

 私のその体験は、実は、脳のエラーだったのだ――と、後になって気づきました。
 と言っても、青と赤を間違えたわけではありません。ある状況下では、「青はSTOPであり、赤はGOである」と私の脳は記憶しているのですが、その「ある状況下」を、私はしばしば忘れてしまうのですね。
 どういうことか、ご説明しましょう。

 私は、かなりせっかちな性格です。いつも、少しでも早く動き出せるようにと、脳をスタンバイさせています。
 信号待ちをしているときの私の脳は、こういう作業をしています。
 横の信号が「黄色」に変わったらペダルに足をかけて、「赤」に変わったとたんに踏み出せるように、筋肉に指令を出しておこう――とするわけです。
 見ているのは、「正面」の信号ではなく、「」の信号。この状況では、「赤はGO、青はSTOP」なのですね。
 ところが、脳は、しばしば忘れてしまうのです。
 自分がいま見ているのは、「正面」の信号であって、「横」の信号ではない――ということをです。
 しかし、これは、きわめて危険なエラーです。

 よし、赤だ、GO!

 勢いよくペダルを踏み込んだ私の愛車が、横から突進してきたダンプカーに「ブォッ、ブオーン!」と、思い切りクラクションを鳴らされたこともありました。
 あわや、クラッシュ!

 自転車で信号無視のボケモン、
 ダンプに轢かれ、ミンチに!


 などと報じられてしまうところでした。

続きを読む

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

ボケモンGO!☆記事一覧

バナー小

 ボケモンGO!   目次 

ボケじいさん
アラカンからアラコキへ。
人は歳をとるごとに、
脳のはたらきに衰えを感じ、
「ボケ」を意識するようになります。
しかし、ややボケ始めた脳も、
つき合い方次第ではわるくない。
ボケモンGO!な生き方を考える記事群です。






支配人の近著です


続きを読む

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR