スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬儀の「コスパ」、いまから考えておこう

バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   01 

遺影と花
もし、自分が亡くなったら――という思いが、
頭を過ることもあるかもしれません。
そんな考えが頭に浮かんだら、
いくつか、決めておかなくては
ならないことがあります。
そのひとつは、葬儀のことです。




 決めておかなくてはならない――というのは、万が一のとき、「どうしてほしいのか?」という意思を示しておかないと、残された遺族がどうしていいかわからず、オロオロするばかりになってしまうことも考えられるからです。
 自分の意思として示しておきたいのは、次の2点です――。

 〈1〉自分の葬儀をどうしてほしいか?
 〈2〉自分が死んだことをだれに知らせてほしいか?


 〈2〉の「だれに知らせるか?」は、〈1〉の「葬儀をどうするか?」ともリンクする問題ですから、とりあえずは、「葬儀」のことを考えてみることにしましょう。「葬儀」には、大別すると、次の5種類が考えられます。

悪魔女
 直葬(火葬式) 
通夜も葬儀式も告別式も行わない、もっとも小さなお葬式


 世の中全体の動きとして、葬儀などは簡略化する方向へ――と向かっています。
 高齢になってからの死去では、故人の関係者も少なくなり、見送る側の遺族も高齢化していることが理由のひとつ。無宗教化が進んでいることも、理由のひとつ。そして、格差が広がる社会となって、葬儀にかかる費用も「コスパ=コスト・パフォーマンス」で考えるようになったということも、大きな理由として考えられます。
 「死」にまつわるコストとして、もっとも大きいのが、通夜~葬儀式~告別式と続く葬儀費用一式です。式場などを借りて、一般の弔問客まで受け入れていたら、その費用だけで、200万円近くかかってしまいます。←財団法人「日本消費者協会」の報告によれば、2014年度の全国平均は、188.9万円
 「だったら……」と考える人もいるかもしれません。「やんなきゃいいじゃん、葬儀なんて」――と。
 そうなのです。もっとも安上がりなのは、通夜も葬儀式も告別式もやらない葬儀。これが、「直葬」または「火葬式」と呼ばれる葬儀。遺体を直接、火葬場に運び込んで、読経もせずに「火葬」だけすませてしまう――という方式です。
 とはいえ、火葬場まで遺体を運ぶ寝台車や、棺代、火葬場に支払う火葬料などの費用はかかります。これらは、たいていの場合、葬儀社に依頼するのですが、その費用は、

 8万円台~18万円台

 と、ピンキリです。
 「何もするな」という希望でも、これだけはやらなくちゃならない、人が亡くなった場合にかかる最低限の費用――と覚えておきましょう。

続きを読む

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

ボケモンGO!☆記事一覧

バナー小

 ボケモンGO!   目次 

ボケじいさん
アラカンからアラコキへ。
人は歳をとるごとに、
脳のはたらきに衰えを感じ、
「ボケ」を意識するようになります。
しかし、ややボケ始めた脳も、
つき合い方次第ではわるくない。
ボケモンGO!な生き方を考える記事群です。






支配人の近著です


続きを読む

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

「晩年」って、ほんとは、いつからでしょうか?

バナー小

 晩年の哲学   01 

哲学先生
いつからが「晩年」か?
本サイトのタイトルでもありますゆえ、
これは、ハッキリさせておかねばなりません。
しかし、実はこれには、正解がないのです。




 辞書を引くと、「晩年」には、こんな意味が記されています。

 一生の終わりの頃の時期。――【三省堂『大辞林』】
 一生のおわりの時期。死に近い時期。年老いたとき。――【岩波書店『広辞苑』】

 ちなみに英語にすると、

 One’s last years →(人の最後の時期)
 One’s declining years →(人の衰退期)
 One’s closing years →(おしまいの時期)

 当clubのマスターである長住としては、どれもピンときません。
 「晩年」こそ、それまでの社会的責務や世のしがらみから自由になって、自分らしい人生を悠々自適に楽しむ「第二の青春」だ――と考えて、「Oh! 晩年club」を創設したのですから、「おわり」だの「死に近い」だの「衰退」だのと言われたんじゃ、「ジョーダンじゃない」と、言いたくなってしまいます。
 どこかに、納得のできる定義はないか?
 というわけで探してみました。

男アイコン1
古代インド人が考えた「人生4時期の区分」とは?

 インドの古代バラモン教の法典である『マヌ法典』の中に、《四住期》という考え方が出てきます。人生を4つの時期に区分する考え方なのですが、その4区分とは――

学生期(がくしょうき)――幼年期から青年期までの学びの時期。
家住期(かじゅうき)――仕事に就き、家族を形成し、経済的・社会的に活動する時期。
林棲期(りんせいき)――仕事を退き、家を子どもに譲り、山に入って精神を養う時期。いわゆる、「隠居」の時期でもある。
遊行期(ゆぎょうき)――巡礼して徳を積み、死に備える時期。

 この区分で言うと、「隠居」の時期とされている「林棲期」以降を「晩年」とするのが妥当であるように思えます。
 「隠居」というのは、会社や役所などの公的な場所に出仕して社会的に活動することから身を退く――ということを意味します。「社会的活動」からは退きますが、個人的な活動を停止するわけではありません。
 そこからは「老いの精神を楽しみなさい」と、『マヌ法典』は説いているんですね。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

灰になるまで恋シチュー☆記事一覧

バナー小

 灰になるまで恋シチュー   目次 

手と手
「晩年」を生き生きとすごすためには、
恋する心を失くしてはダメ――と、
当「Oh! 晩年club」では考えます。
灰になるまで、「恋」する心を忘れずに。
「シニアの恋」にまつわるあれやこれやを
ハウツーを交えてお届けする記事群です。






支配人の近著です


テーマ : 大人の恋愛
ジャンル : 恋愛

昭和は遠くになっちゃった…?☆記事一覧

バナー小

 昭和は遠くになっちゃった…?   目次 

読書する爺ちゃん
私たちが生きた「昭和」という時代が、
「昔は…」という形で語られのを、
少し寂しく感じるみなさんと一緒に、
「昭和」と「平成のいま」を比較してみます。







続きを読む

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

探そう、創ろう! 「晩友」&コミュニティ☆記事一覧

バナー小

 「晩友」&コミュニティ   目次 

砂丘のふたり
「晩年」の最大の敵は、「孤立」です。
腹を割って話せる友だちがいる、
一緒に何かを成し遂げようとする「仲間」がいる。
「晩年」を充実した「第二の人生」として
楽しむためには、「晩友」と「コミュニティ」は、
欠かせないアイテム。その探し方は? 創り方は?



 記事一覧 
読みたい記事のタイトルをクリックしてください。

 01  友だちができる晩年・できない晩年のちょっとした違い
 02  アラ還女性を「お嬢さん」と呼ぶ勇気
 03  おひとり様シニアよ、大いにムダ口たたくべし!
 04  手作りの「ご縁カフェ」で町興し~シニア7人の挑戦
 05  晩年に友だちが多い人の、ちょっとした「脳の習慣」
 06  「昼カラオケ」がシニアを孤立から救う~ある居酒屋の試み
 07  「若い人」と仲よくなるための、3つの原則
 08  「孤独死」しないために、いま、考えておくべきこと
 09  60過ぎたら、「元気ですよ」は自ら発信!
 10  「声かけ隊」結成するゾ!――の件について






続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

「終の棲家」を求めて☆記事一覧

バナー小

 「終の棲家」を求めて   目次 

水車小屋
あなたは、人生の終焉を迎える場所を
もう、決めていますか?「終の棲家」には
どんな場所がふさわしいか? その知恵と情報を
ご紹介する記事群です。



 記事一覧 
読みたい記事のタイトルをクリックしてください。

 01  「タワーマンション」は「終の棲家」になるか?
 02  田舎の「サ高住」で暮らす――という老後について





テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

「晩年」の哲学☆記事一覧

バナー小

 晩年の哲学   目次 

哲学先生 
「晩年」を心豊かに、安心して過ごすには、
「死」をどう考え、どう向き合うかが大切。
哲学・思想・宗教の教えを参考に、とっておきの
「晩年の考え方」をまとめた記事群です。



 記事一覧 
読みたい記事のタイトルをクリックしてください。

 01  「晩年」って、ほんとうは、いつからでしょうか?
 02  《テスト》あなたはどんな「晩年」を送ることになる?
 03  「達成感」は、あなたの「晩年」を豊かにはしない
 04  人の寿命は「定期券」か、それとも「回数券」か?
 05  「してやった」は、心に「負の遺産」を貯める
 06  天国には連れて行けない「イヤな自分」の眠らせ方
 07  「復活」を信じる文化と「生まれ変わり」を信じる文化
 08  「老いゆく日々」は、「願う」よりも「祈って」過ごす
 09  戒める神、赦す神、得する神。あなたに向くのは?
 10  「明日でいいこと」は、今日するな!
 11  「罪人」「悪人」のほうが救われる~イエスと親鸞の教え〈1〉
 12  「神様」を探してはいけない
 13  「終わり」を予知しているからこそ、「いま」が美しい
 14  家にいながら「出家」する、という「晩年」もあり




テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話☆記事一覧

バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   目次 

遺影と花
「その日」を意識し始めた瞬間から、
頭の片隅に浮かぶのは、相続のこと。
そして、葬儀や墓地のこと。
残された家族を迷わせないためにも、
いまのうちに決めておきたい「準備」とは?



 記事一覧 
読みたい記事のタイトルをクリックしてください。

 01  葬儀の「コスパ」、いまから考えておこう
 02  「小さな葬儀」は、かえって高くつく――場合もある
 03  「お墓」って、ほんとうに必要でしょうか?
 04  種類が多すぎて迷う、お墓のタイプ 《完全ガイド》
 05  「死」からも税金取る…? 納骨堂に課税の愚
 06  田舎の「ボロ家」、はたして相続すべき? させるべき?
 07  「遺骨」って、ほんとうに必要ですか?
 08  あなたも「千の風」になる?~散骨のすすめ
 09  自分の「課税遺産」はどれくらいになる? その計算法
 10  「死」から「往生」まで、なぜ四十九日もかかるのか?
 11  ほんとうに「戒名」は必要か? そのお値段は?





続きを読む

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。