おひとり様シニアよ、大いにムダ口たたくべし!

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   03 

砂丘のふたり 「おひとり様」で晩年を過ごす
高齢者の単身世帯が、全高齢者世帯の
4分の1に及ぶのだそうです。
「おひとり様」を長く続けていると、
真っ先に衰えてくるのが、声帯。
声を退化させないために、心がけたいこと。
ムダ口、大いにたたくべし! ですよ、みなさん。




 みなさん、ご存じでしょうか?
 日本の高齢者世帯(=65歳以上の高齢者がいる世帯)のおよそ4分の1は、男ひとり、または女ひとりの「おひとり様世帯」なんだそうですよ。
 内閣府が発表した「平成26年版高齢社会白書」によると、平成24年現在、「65歳以上の高齢者がいる世帯」の数は、2093万世帯で、全世帯数4817万世帯の43.4%。およそ4割を占めています。
 その内訳は、下記のとおりとなっています。

総数―――――――――――2093万世帯
単身世帯―――――――――486.9万世帯(23.3%)
夫婦だけの世帯――――――633.2万世帯(30.3%)
親と未婚の子のみの世帯――441.0万世帯(19.6%)
三世代世帯――――――――319.9万世帯(15.3%)
その他――――――――――242.0万世帯(11.6%)

 何を隠しましょう。かく申し上げる支配人・長住も、立派に(?)「単身高齢者」のひとりなのですが、実は、問題あり! この「おひとり様シニア」を長く続けていると、体にある顕著な変化が表れ始めるのですね。
 今回は、そんな話をしてみようかと思います。

カラスだれとも話さない生活が続くと、アレは萎縮する

 長住は、8年ほど前までは、自分のオフィスを持っていました。常勤のスタッフもいましたし、出入りする外部スタッフもいました。一日、だれとも話をしない――なんてことは、想像もできない生活でした。
 しかし、そのオフィスは、諸般の事情により、閉鎖せざるを得なくなりました。こうなると、生活は一変します。だれとも会わないまま一日を過ごす――という日が多くなりました。そんな生活が、早や、9年目に突入しようとしています。
 みなさん、こうなると、何が起こるか、わかりますか?
 自分では想像もしていなかったのですが、衰えてしまうんです、ある機能が。
 いいえ、みなさんが、いま頭に描いたようなこと(?)ではありませんよ。
 体の中のある器官が、萎縮してしまうんです。いわゆる「廃用萎縮」というやつですが、それが起こるんですね、声を出す器官=声帯に。
 声を出してしゃべるということを一定期間以上やらないでいると、声帯は萎縮して、声がどんどん出なくなってしまいます。
 他に何も取り柄はないけれど、声だけは……と思っていた自慢のハイ・バリトンが、実に情けないかすれ声になってしまっていることに気づいたとき、「こりゃ、いかん」と思ったわけです。
 声は、使わないと退化する
 「おひとり様」には、ぜひとも気をつけていただきたい――と思うことのひとつなのですが、そうならないためには、意識して、声を出すしかありません。
 とはいえ、ひとり暮らしの自室の中で叫んだりしていると、「あそこのジジイは頭がおかしい」と思われかねません。電車の中で大きな声を出すのも、道を歩きながら叫ぶのも、公序良俗という観点から言うと、決して好ましいこととは思えません。
 しかし、声は出さなくちゃいけない。それも、「会話」という形で。そのために、私が心がけていることがあります。
 題して《ムダ口、大いにたたくべし=5か条》
 中には、バカバカしいと思われる項目もあろうかと思いますが、長住は、いたってマジメに実践しています。本日は、それをご紹介させていただきたいと思うのです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

田舎の「サ高住」で暮らす――という老後について

バナー小

 「終の棲家」を求めて   02 

水車小屋
「老後」を、ひとりでも安心して過ごせる
住居スタイルとして、いま、注目されているのが、
サービス付き高齢者向け住宅、
通称「サ高住」と呼ばれる賃貸住宅です。
しかし、その家賃、決して安くはありません。
探すなら、地方の、しかも田舎の施設がネライ目。
今回は、そんな話をまとめてみました。




 ここなら安心して暮らせる。
 高齢の域に達するにつれ、そんな住居を求め始めている人も多いかと思います。もっとも切実にそれを望むのは、単身の高齢者で、しかも「賃貸」という人たちでしょう。
 そんな中で、いま、注目を集めているのが「サ高住」。正式に言うと、

 サービス付き高齢者向け住宅

 です。
 最初に申し上げておきたいのは、「サ高住」は、「有料老人ホーム」ではない――ということです。
 あくまで、60代以上の高齢者が安心して暮らせるようにと、国が定めた制度であり、平成23年4月に改正された「高齢者の居住の安定確保に関する法律」によって、一定の基準を満たす住居に対して、都道府県が認可して登録できるようになりました。
 その基準というのは、主に、次の4点です。

〈1〉バリアフリーの構造であること。
〈2〉ケアの専門家が常駐し、入居者の安否確認ができること。
〈3〉専有部分(各個室)の面積が原則25㎡以上あること(共用の居間・食堂・台所などが十分な面積を有していれば、18㎡以上)。
〈4〉専有部分(各個室)に、水洗トイレ・洗面設備・収納・キッチン・浴室を備えていること(キッチン・収納・浴室は共用でも可)。

 これらを満たしている――と都道府県に認定されれば、「サ高住」として登録され、入居者を募集することが可能になります。

続きを読む

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

人の寿命は「定期券」か、それとも「回数券」か?

バナー小

 晩年の哲学   04 

哲学先生
どんな動物も、一生のうちにできる呼吸の回数は、
ほぼ、一定なのだそうです。
速く呼吸する動物は、その回数を早く使い切り、
ゆっくり呼吸する動物は、ゆっくり使い切る。
寿命は、その回数に制限されて決まるらしいのです。




 人の一生の長さは、何によって決められるのでしょう?
 たとえば、人は、「20xx年Y月Z日まで」と書かれた定期券を持っているようなものなのでしょうか?
 それとも、「残り○○枚」と表示される回数券を持っているようなものなのでしょうか?
 どうも、それは「回数券」らしい――というのが、生物学や分子生物学、細胞遺伝学、栄養学などの立場からの結論のようです。

男アイコン1
人生は50-70枚綴りの回数券である……?

 「回数券説」のもっとも大きな根拠となっているのは、「細胞分裂の回数には限界がある」とする説明です。
 人をはじめとする生物の組織は、細胞によって構成されています。この細胞が分裂=増殖を繰り返すことで、生物はその細胞をリフレッシュし、正常な状態に保つのですが、その分裂は、何度でも無限に繰り返されるわけではありません。
 無限に分裂する細胞もあるのですが、それは「ガン細胞」だけです。
 なぜ、分裂回数に限界があるのかというと、生物の染色体端末についている「テロメア」と呼ばれるパーツが、分裂のたびに短くなっていくからです。
 ご存じのように、細胞が分裂するときには、染色体上のDNAが複製されます。複製の際にコピー・ミスが起こらないようにするために、DNA端末には、言ってみれば「ノリシロ」のような部分がついています。そのノリシロが「テロメア」です。「テロメア」は、DNAが複製されるたびに、その長さが半分近くに短縮されてしまいます。
 分裂を繰り返すたびに、半分そのまた半分と短くなっていき、最後には、「もうこれ以上、短くなれない」という限界点に達します。そうなると、細胞は分裂を停止します。分裂を停止しても、細胞はそのまま生き続けられるのですが、ただ、この細胞は「老化した細胞」です。あとは、この「老化した細胞」を大事に大事に使って生きていくしかないのですが、当然のことながら、それにも限界があります。

 では、この分裂回数はどれくらいか――というと、だいたい「50-70回」ぐらい。
 問題は、この分裂の頻度です。細胞は、その組織にダメージを受けたりすると、そのダメージを修復するために分裂します。また、栄養が過剰であると分裂の速度は速くなりますし、活性酸素などで傷を受けても、分裂の速度は上がります。
 ごく大雑把に言うと、

 激しく体を使ってダメージを受けるほど、
 人は、この回数券を早く使い切ってしまう。


 という法則が成り立つわけです。
 激しいスポーツをやる人が意外と短命であったりするのも、この理屈。過酷な労働に従事する人が短命なのも同じ理屈です。
 つまり、体にあまり負荷をかけすぎず、大事に大事に使ったほうが長生きできる、ということになるわけですね。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

アラ還女性を「お嬢さん」と呼ぶ勇気

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   02 

砂丘のふたり
「晩友」を作るのがうまい人には、ひとつ、
図抜けて得意なことがあります。それは、
あいさつに付け加える「余計なひと言」。
そのひと言には、一瞬で相手の好意を増量させる
ある要素が含まれているのですが、
それは何かと言うと……?




 ご近所でも、ちょっと参加した集会でも、何かの趣味の集まりでも、すぐに友だちを作ってしまう人がいます。どうせ友だち作るなら、「異性の友」がいい――と思う人も、あるいは、いらっしゃるかもしれません。
 別に、いけないことでも何でもありません。人間、いくつになっても、異性の友だちができるのは、うれしいもの。その気持ちが「晩年」の活力にもなる。支配人・長住は、固くそう信じています。
 ま、これは、異性に限らず……の話なのですが、だれかと親しくなるきっかけとなるのが、「あいさつ」です。よく知らない人に声をかけるとき、みなさんは、どんな声のかけ方をしているでしょう?
 「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」でしょうか? ま、ふつうですね。
 「どうも、どうも……」でしょうか? よく使いますが、ちょっとあいまいすぎます。
 「あの……すみません」ですか? これもよく使いますが、なんだか、恐る恐る交番を訪ねるときのようで、いまいち、パッとしません。
 特に、異性にかける声としては、なんとも物足りません。インパクトに欠けるのです。
 こんなとき、高田純次だったら、どう言うか? ズバリ、こうです。

 もしもし、お嬢さん。

 相手が何歳であろうが、自分より年上であろうが、「いい加減」を自認するこの人は、「お嬢さん」と声をかけるのです。もちろん、声をかけられたほうは、「あら、私のこと?」と、一瞬、うれしそうな顔をなさいます。
 相手の心を一瞬で緩ませる「あいさつ」には、この要素が必要なんですね。以下、そのポイントを解説してみます。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

「お墓」って、ほんとうに必要でしょうか?

バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   03 

遺影と花

参る者もいなくなった墓地が荒れ、
「無縁化」していると聞きます。
毎年、2000~7000基もの墓地が強制撤去。
それでもあなたは、
「お墓」を建てようと思いますか?




 そろそろ、お墓のこととか考えなくちゃな……。
 頭の片隅で、そんなことをチラと考え始めている人もいるかもしれません。自分では考えていなくても、家には、どこで調べたのか、2、3日に一度の割で、墓石業者や墓苑業者から、「お墓はもう決められたでしょうか?」などという電話がかかってきたりします。
 しかし、その度に、支配人・長住は思うのです。

 お墓って、ほんとうに必要なんだろうか?
 そのお墓は、だれが守ってくれるのだろうか?


 まずは、西日本担当の通信員から送られてきた記事を――。

【山口発=8月18日】
荒れた共同墓地

 きょうは墓の道作りに行ってきました。
 その墓は、二つの集落の共同墓地の故地にあります。
 墓地に余裕がなくなったらしく、50年ほど前、もう少し広い範囲で共通の納骨堂を作り、多くの墓が「移転」しました。
 わが家では亡父の判断で、家の裏山の共同墓地以前のマイ墓地に復帰すると同時に、共同墓地もそのまま残しました(納骨堂の一角も購入しました)。

 以来、数軒の家で毎年、道作りをしてきましたが、今年、参加したのは、わが家だけでした(夫婦で3時間くらいの作業)。
 そこに葬られているのは、戦前に亡くなった人ばかりで、会ったことがある人はひとりもいません。しかし、90歳超の叔父(一族の最長老)の父が葬られていることもあり、墓参を続けてきたのですが、叔父の死、あるいは私の70歳あたりで止め、あとは野に帰そうかと思っています。

 悩ましいのは、納骨堂が老朽化し、建て替えの必要が話題に上っていることです。
 わが家の一角には別の叔父の分骨が置いてあり、やがて叔母(これも90歳超)の分骨も入る予定ですが、ふたりには子どもがいません。
 納骨堂の建て替えには、かなりの個人負担が必要で、高齢化し、疲弊した中山間地の村で、簡単に実現できるとは思えません。
 私としては、分骨はわが家の代々墓に入れて、負担を免れる道もあるかと思っているのですが……。(大北皓)

 実は、この通信記事にあるような現象は、日本全国に広く見られる現象なのです。
 ひと言で言うと、日本の墓地は、荒廃している。少子化や過疎化の影響を受けて、墓を守る人がいなくなり、荒れ果てた墓地が「無縁墓化」している――というのです。

続きを読む

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

「達成感」は、あなたの「晩年」を豊かにはしない

バナー小

 晩年の哲学   03 

哲学先生 目標を立てることと、それを達成すること。
それが大事――と急き立てられて、
私たちは一生を過ごします。
しかし、最後に残るのは、
何も達成できなくなる自分だ――ということに、
ほとんどの人が気づいていません。




 よく、「人生の目標は何ですか?」と尋ねる人がいます。
 バカなこと訊くなぁ……と思いながら、支配人・長住は、そんなとき、こう答えます。

  特になし。

 その人は、「エッ!? ないんですかァ?」と、変質者を見るような目でお尋ねになるので、私は、仕方なく答えます。

  すべてを失うことです。

 その人は、目をパチクリ。やがて力なく首を振って、「こんなやつに訊いた自分がバカだった」という顔をして、立ち去っていかれます。
 私は、こう思っています。

 人とは、すべてを失う日(=「」)に向かって、
 束の間の日々を生かされている存在にすぎない。


 なので、「私は○○になる」「○○を成し遂げる」などという目標は、設定しないことにしています。目標などは設定せず、その日、その時を、ただ謙虚に、一生懸命生きる。
 それでいい――というより、人とはそうであるべき、と考えています。
 しかし、それでは不安なので、人は、何やかやと目標を設定し、その目標を達成することによる「達成感」を心の糧として、生きようとします。
 人間にとって、これほどの「苦役」はない――と、私は思っています。
 「達成感」を得ようとして「目標」を設定し、やっと「達成感」を得たと思ったら、その瞬間に、その「達成感」は、霧と消えてしまいます。何日かは、その満足感に浸っていられるかもしれませんが、あとには、虚脱感だけが残ります。達成された「目標」は、達成された瞬間に「目標」ではなくなるのですから、この虚脱感を埋めようとしたら、また、新たな「目標」を探すしかなくなります。
 これを、永遠に繰り返すことになるわけです。
 私は、この《目標と達成感》ということを考えるたびに、ギリシャ神話に出てくる「シジフォス」の話を思い出します。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

友だちができる晩年・できない晩年のちょっとした違い

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   01 

砂丘のふたり
晩年を一緒に楽しめる友だちを
当サイトでは、
「晩友(ばんとも)」と呼ぶことにします。
その「晩友」がたくさんいるという人と
ほとんどいないという人。
その差を生むのは、いったい何なのでしょう?




 「晩年」をどれだけ豊かな気持ちで過ごせるか?
 それを決める大きな要素となるのが、「晩友」の存在です。
 たくさんいればいいというわけでもありません。静かに晩年を過ごしたいという人には、「多すぎる晩友」は、あるいは、ライフスタイルの妨げになるやもしれません。
 しかし、まったくいないとなると、ちょっと問題です。伴侶や子どもたちと一緒に暮らしていれば、まだいいのですが、単身の高齢者が「晩友」もいないとなると、その「晩年」は「孤立」してしまいます。
 「孤立した晩年」は、ちと、辛いです。
 「晩友」を作れず、「孤立」してしまう晩年。その原因は、本人が作っている場合が多い――と、編集長・長住は考えます。主な原因を考えてみました。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

「小さな葬儀」は、かえって高くつく――場合もある

バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   02 

遺影と花
家族だけで静かに見送る。
経済的な事情などから、
「小さな葬儀」を希望する人も多いかと
思いますが、実は、それが、
かえって高くつく場合もあるようなのです。





 「小さな葬儀」には、メリットもあればデメリットもある。
 葬儀の規模や形式を考えるときには、このことを頭に入れておく必要があります。
 いちばん大きな《デメリット》は、「収入が期待できない」ということです。ここで言う「収入」とは、「香典」のことです。その「小さな葬儀」が「家族葬」であった場合、友人などの弔問客は受け付けないことがほとんどですから、「香典」という形での「収入」が期待できないわけです。
 「家族葬」の場合の葬儀費用はピンキリだ――と、前回、お話しましたが、一応の目安として覚えておいていただきたいのは、葬儀を無宗教(僧侶を呼んで読経などをしてもらわない場合)で行い、会場としてどこかの斎場などを使用した場合、その費用は、

  参加人数  ×  10万円前後 

 というのが、一応の相場らしい――ということです。
 もちろん、これを自宅で行えば、費用はグンと下がります。あるいは、レストランの個室などを借り切って――という方法も考えられますが、その場合には、香を焚くなどの葬儀らしい行為が制限される場合が多いだろうと思われます。
 もし、お坊さんを呼んで読経だけでもしてもらおう、ということになったら、そのお布施として8~10万円(地域・風習、お寺との関係などにより異なる)は、別途、用意しなくてはなりません。
 仮に、家族+ごく親しい親族=計8名で、斎場の個室を借りて「家族葬」を営み、お坊さんに一度だけ読経してもらうとすると、その費用は、ごく平均的な相場で、

 葬儀費用80万円+お布施10万円=合計90万円

 ほどになろうかと思われます。その費用は、すべて、家族で負担することになります。
 では、もし、この葬儀を「一般葬」として行ったら、どうなるでしょう?

続きを読む

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

《テスト》 あなたはどんな「晩年」を送ることになる?

バナー小

 晩年の哲学   02 

哲学先生 
「晩年」のありようは、人の気の持ちようや
ものの考え方によつて、ガラリと変わります。
あなたはどんな「晩年」を迎えそうか?
テストであぶり出してみました。




 あなたがどんな「晩年」を送ることになるかは、ひとりひとりの気の持ちようや、人生をどんなものと考えるかという人生観や思想にもよる。
 前回は、そんな話をしました。
 そこで、今回は、ちょっとテストをしてみようかと思います。
 以下の  テストA   テストB  それぞれの項目を読んで、「自分にあてはまる」と思う項目の数をチェックしてください。

 テストA 
・自分には、まだやり残したことがたくさんある。
・趣味やレジャーを一緒に楽しむ仲間が、たくさんいる。
・いまのところ、健康上の不安は、特にない。
・同窓会やクラス会には積極的に参加しているし、頼まれれば世話役も引き受ける。
・ご近所の住人たちとはよく話をしたりするほうだ。
・どんな仕事でも、家にじっとしているよりはまし。積極的に引き受ける。
・自分にはまだ、社会の役に立つスキルが残っていると思う。
・若い人たちと話をしたり、何かを一緒にやることが、どちらかと言うと好きだ。
・公園の清掃作業、草刈りなどの雑務をこなすことも、苦ではない。
・新しいゲームなどには、興味が湧くほうだ。

 テストB 
・これからは、時間をゆっくり、自分のために使いたい。
・自分の人生を振り返ると、大したことはしてこなかったなぁと思うことが多い。
・最近、足腰が弱くなったと感じることがよくある。
・これといった趣味などはなく、特に熱中しているスポーツもない。
・同窓会やクラス会などは、面倒くさいので、あまり参加しない。
・ご近所の人たちとは、会っても軽く会釈をする程度だ。
・もし仕事をするなら、自分に向いた仕事だけを選んで黙々とこなすだろう。
・若い人たちが騒いでいるような場所には、できれば近づきたくない。
・新しいことを始めてみようという気には、あまりならない。
・いつものことがいつも通りにきちんと行われないと、気がすまないほうだ。

  テストA   テストB  それぞれのチェックが終わったら、以下の表でそれぞれの得点(該当した項目の数)が交差するところを見てください。そこに書かれたタイプが、あなたの「晩年」のタイプです。

あなたの「晩年タイプ」は?
テストBのYESの数テストAのYESの数
8~10個4~7個0~3個
8~10個ガミガミ型ブツクサ型だるま型
4~7個マイウエイ型ほほえみ型ご隠居型
0~3個おせっかい型お元気型いたの?型

 あなたの「晩年タイプ」は見つかりましたか?
 表に出てきた、各タイプの意味は、以下のとおりです。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

「タワーマンション」は「終の棲家」になるか?

バナー小

 「終の棲家」を求めて   01 

水車小屋
「老後」を悠々自適に過ごしたい――と、
都心にマンションを買い求める人たちに、
「タワーマンション」が人気なのだそうです。
しかし、ちょっと待った! です。
はたしてそんなマンションが「終の棲家」に
なり得るのか? 疑問の声が挙がっています。




 都心にマンションでも買って、老後を悠々自適に過ごそうか――と考えている人もいるかもしれません。
 筆者もそろそろ、その域にさしかかってはいるのですが、なにせ貧乏暮らしゆえ、マンションを買うなんて発想は、とてもとても……です。
 ところが――。
 しばしばニュースでも取り上げられたりもしていますが、都心に次々に建てられるタワーマンションが、たちまち完売になったりしているというではありませんか。しかも、価格の高い高層階から順に……というのです。
 これは、いったい、どういうこと? と筆者は思いました。
 というのも、それは、私たちが目にし、耳にしている住宅業界の現実とは、あまりにかけ離れている――と感じられるからです。

カラス40%が「空室」になる25年後の日本

 日本の住宅は、簡単に言うと、「供給過剰」の状態に陥っています。その結果、増え続けているのが「空室」です。
 賃貸物件で、2010年には、日本全体で23.07%が空室という状態。新築物件でも、現在20%程度が空室で、野村総合研究所のレポートによれば、2040年には、それが40%程度にまで上昇する――と予想されています。
 それはそうでしょう。
 日本の人口は、すでに減少に転じていて、2016年6月1日現在の推計値は、1億2696万人(総務省発表)。これが、2030年以降は毎年100万ずつ減り続け、2060年には8700万人になると予測されています。

高層マンション もはや、止めようもない「人口減少」。にもかかわらず、不自然なことに、住宅着工件数は増え続けているんですね。
 なぜだ! と言いたくなる現象ですが、ディベロッパーはマンションを造り続けるしかない。売れようが、売れ残ろうが――です。
 現在、新たに着工されるマンションは、その9割が「空室状態」のまま竣工され、出来上がっても完売できずに、1年以上、販売を続けているマンションがゴロゴロあると言われています。
 そんな状態であるにもかかわらず、ピカピカのタワーマンションなどが売り出されると、「資産になるから」と買いに走る人たちがいます。
 はたして、そうなのか?
 専門家たちからは、疑問の声が上がっています。

続きを読む

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR