スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種類が多すぎて迷う、お墓のタイプ 《オレ流分類》

バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   04 

墓参女性
そろそろお墓のことでも考えるか?
しかし、支配人は思うのです。
最近、墓地の種類が増えすぎて、
見れば見るほど混乱してしまう。
大事なのは、墓地を持つ目的とその方法。
自分にはどんな墓地が合うのか、目的と方法が
ピッタリ合う墓地の見つけ方を考えてみました。




 自分が死んだら、どんなお墓に入りたいか?
 いまのうちに考えておいたほうがいい問題だよなぁ――と、最近、支配人も遅ればせながら考えるようになりました。
 しかし、このお墓が、いま、ちょっとややこしいことになっています。種類が多すぎるというか、分類の仕方も混乱しているんですね。葬祭業者などが示している「墓地の種類」などを見ても、その分類方法には、一貫した「分類の基準」が見られません。
 墓地を分類するときに、その基準として考えるべきことには、次の3つの視点が必要になります。

 〈1〉運営母体による分類……公営か民営か寺院かなど。
 〈2〉だれを祀るかによる分類……「家」単位か「夫婦単位」か「個人」かなど。
 〈3〉供養の形式による分類……供養の主体やその期間による分類。


 ひとつひとつ見てみましょう。

男アイコン1
公か、民か?~運営・管理の母体による分類

 費用という面から考えるときには、もっとも注視すべき分類です。
 「墓地」は、だれが運営してもいい――というものではありません。
 墓地を作ったり、それを運営管理できるのは、都道府県や市町村などの「自治体」やその委託を受けた「公益法人」、または「宗教法人」に限られています。お墓を設置する場所も、都道府県や市町村によって「墓地」と認定された場所に限定されています。
 身内が亡くなったからといって、その遺骨を自宅の庭に埋めてお墓を建てるということは、できないんですね。なので、お墓は、どこかの墓地に建てるしかない。
 その墓地を運営している団体によって、墓地を分類すると、次の3種しかありません。

〈1〉公営墓地……都道府県、市町村やその委託を受けた公益法人が運営する墓地。
 費用が安い、宗教・宗派を問わず利用できる……などのメリットがありますが、募集数が少なく、申し込み資格に制限があるので、だれでも入れるというわけではありません。

〈2〉民営墓地……宗教法人などが運営する墓地で、宗教・宗派を問わず利用できる墓地。
 申し込み資格に制限がなく、宗教・宗派に関係なく利用できて、数も豊富ですが、費用が高く、交通の便がわるい場所にあることが多いのが難点です。

〈3〉寺院墓地……寺院の境内やその隣接地にあり、寺院が管理・運営する墓地。
 管理が行き届き、手厚く供養してもらえる安心感があり、立地条件にも恵まれていますが、檀家になることを求められる場合が多く、必然的に宗教・宗派が限定され、法事や寄付など、墓地管理以外の費用がかかる場合もあることを覚悟しなくてはなりません。

続きを読む

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。