スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「孤独死」しないために、いま、考えておくべきこと

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   08 

砂丘のふたり
支配人が恐れていることがあります。
死んだことをだれにも気づかれないまま、
放置される「孤独死」が、
これからどんどん増えていくのではないか。
この恐れを取り除くには、どうすればいいか?
いまのうちに考えておくべきことがあります。




 すでにみなさん、耳にタコができるほど聞かされているだろうと思いますが、日本という社会は、全人口の4分の1が65歳以上の高齢者という、前例のない「高齢化社会」に突入しています。
 その高齢者のうち、約600万人が「ひとり暮らし」。公営住宅も、4分の1が単身高齢者で占められています。
 問題は、この「単身高齢者」。そのひとり暮らしの高齢者が、だれにも気づかれないままひっそりと亡くなり、発見されるまで放置されてしまうというケースが、増えているのです。
 こういう「死」は、「孤独死」と呼ばれようになりました。その数、年間約3万人
 毎年、3万人もの人間が、その死をだれにも気づかれることがないまま放置され、腐乱したり、白骨化した状態で発見される。
 海外のメディアは、日本で起こっているこの事態を、驚きをもって伝えています。
 地方の過疎地域でも起こり得る問題ですが、数としては、大都市の真ん中で起こる事例が圧倒的に多い。筆者はそこに、問題の根の深さを感じています。

カラス「大都会」は、人間が「孤立」する「無縁社会」

 2015年に東京23区内で、だれにも看取られずに自宅で死亡したひとり暮らしの高齢者(65歳以上)は、3116人に上ります(東京都監察医務院)。
 これは、統計を取り始めた2003年の2・1倍。そのうち、1973人が男性、1143人が女性。全国的にも同様の傾向が見られ、「孤独死」する高齢者は、女性よりも男性が圧倒的に多いようなのです。
 これは、なぜか?
 そこにこそ、「孤独死」が増えていく原因のひとつが、隠されているように思えます。
 もう、みなさんお気づきかもしれませんが、実は、男性高齢者と女性高齢者のいちばんの違いは、コミュニケーション能力にあります。
 女性は、どちらかと言うと、「そうよね」「そうだわね」と「同調」し合い、共通項を見つけてはうなずき合う「ヨコ型」のコミュニケーションを得意とします。こういうコミュニケーション能力は、地域でコミュニティを形成するのに、優位にはたらきます。
 一方、男性は、どちらかと言うと、「どちらが上か?」「どう違うか?」を重視し、序列や順位や役割・地位にこだわってモノを言う「タテ型」のコミュニケーションを得意とします。こういうコミュニケーション能力は、会社や軍隊や学校という組織社会では優位にはたらきますが、地域社会でコミュニティを形成するのには、あまり役に立ちません。というより、むしろジャマです。
 女性が、近所の住民と気軽にあいさつや世間話を交わして、地域社会に溶け込んでいくのに対して、男性は、隣同士とさえ、ろくにあいさつも交わさず、地域社会に溶け込むのが下手です。
 つまり、男のほうが地域社会で「孤立」しやすい性質を備えているわけです。
 「隣のおじさん? この前まで、元気に外出したりしてたようだけど、そう言えば、最近、姿見ないわねェ」となり、気がつけば「死んでいた」となるケースが、珍しくありません。
 このコミュニケーション不足が、「孤独死」を増やしてしまう大きな一因になっている――と指摘されているのです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

「罪人」「悪人」のほうが救われる~イエスと親鸞の教え〈1〉

バナー小

 晩年の哲学   11 

哲学先生
「善人」よりも「悪人」や「罪人」のほうが救われやすい。
そんな教えを説いた賢人がいます。
西のイエスに、東の親鸞。
その教えるところは、実に、よく似ています。
その主張を比較してみました――。




 たとえば、あなたに2人の子どもがいたとしましょう。
 ひとりは、勉強もよくできて、行儀もよく、行いも正しく、いつも先生からホメられるようなデキのいい子だとします。その子は、「きょう、テストで100点取ったよ」「きょうは先生にホメられたよ」「ボクね、みんなに頼られてるんだよ。今度のグループ研究でも班長に選ばれちゃった」などと、学校での出来事を自慢するようにあなたに報告し、「いい子だねェ」「よくやったね」と、おホメの言葉をあなたからも得ようとします。
 もうひとりの子は、そんなにデキのいい子ではありません。勉強もそれほどできるほうではなく、何か失敗をしては叱られるということもしょっちゅう。ときには、友だちとケンカになったりして、泣きながら帰って来ることもあります。こちらの子は、そうした外での出来事を、自分からあなたに報告しようとはしません。「何かあったの?」と訊いても、「ボクがいけないんだ」などと肩を落とします。
 もし、あなただったら、どちらの子の「力になってあげよう」と思うでしょう?
 人それぞれだろうとは思いますが、たいていの場合、「親」であるあなたとしては、後者、「あまりデキがいいとは言えない子」のほうではないでしょうか。
 もちろん、「デキのわるい子」が、「ほっとけよ。いちいちうっせェんだよ」などと逆ギレしたり、「わるいこと」を「わるい」と思わないようなタイプの子だったら、そうは思わないかもしれません。
 ポイントは、後者の子どもが「ボクがいけないんだ」と、自分の非に気づいて落ち込んだ様子を見せているところ。子どものこういうとろを見ると、親なら、「今度、気をつければいいじゃない。くよくよしないで元気を出しなさい。私たちはあなたの味方だからね」と、なぐさめ、励まそうとするに違いありません。
 この「親」の立場を、「」や「」に置き換え、「子ども」の立場を「あなた自身」に置き換えれば、今回の話はわかりやすいか――と思います。

男アイコン1
「戒律」を持つ宗派と持たない宗派

 このシリーズの第9回目で、「戒める神、赦す神、得する神」という話をしました。
 世界の宗教の教えの中には、厳しい戒律を守った者だけが救われるとする教えと、信じれば救われるとする教えがある。「アブラハム」系の宗教で言えば、「ユダヤ教」「イスラム教」は前者、「キリスト教」は後者。仏教で言えば、タイやミャンマーの「上座部仏教」や日本の「天台宗」「真言宗」「禅宗」のように戒律を持つ宗派は前者、「浄土宗」「浄土真宗」「日蓮宗」のように戒律を持たない宗派は後者である。
 そういう話をさせていただいたわけですが、「戒律を守れば」ではなく、「信じれば救われる」と説いた代表的な思想家が、西のイエス(イエス・キリスト)、東の親鸞です。
 ふたりを「思想家」とすることには、異論もあろうかと思います。特に、イエスを「神の子」とするキリスト教の世界では、「思想家? とんでもない」という声もあろうかと思うのですが、「リベラル」をもって任じる筆者としては、ここでは、あえてふたりを「思想家」として取り扱いたいと思います。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

松たか子と松島菜々子が見分けられなくなったら…





バナー小

 ボケモンGO!   02 

ボケじいさん

歳とともに衰えてくる脳の機能のひとつに、
人の顔を識別する能力があります。
「この人、だれだっけ?」と感じることが、
確実に増えてきます。
特に感じるのが、TVなどに出てくる人の顔の区別。
みなさんは、たとえばAKB48のメンバーの顔を
識別することができますか?




 だれだっけ、この人?――と、TVを見ながら思うことが増えた。
 これって、脳の老化の始まり?
 そんな不安を覚える人もいるかもしれません。筆者・長住も、しばしばそんなふうに感じることがあります。
 たとえば、下記の2枚の写真。みなさんはどっちがだれだか、一瞬で判断できるでしょうか? 私は、ときどき迷うんですね。

松たか子 松島奈々子
出典/https://goo.gl/images/tDqozR      出典/https://goo.gl/images/DSBEA4

 もちろん、左が松たか子さん、右が松島菜々子さん――なのですが、メイクなどによっては、どっちだかわからなくなり、番組表で出演者を確認したりします。
 有名女優でさえそうなのですから、AKB48のメンバーの顔を識別するなんぞ、もう、至難のワザです。
 そういうことが、日常生活でも起こります。

続きを読む

テーマ : 心と身体
ジャンル : 心と身体

50代。人生最後の「モテ期」がやって来る!





バナー小

 灰になるまで恋シチュー   02 

手と手
みなさん、知りたくないかもしれませんが、
実は、50から60代初めにかけての10年ほどは、
人生最後の「モテ期」なんですね。
ただし、そのモテ方というのは、
10代や20代のそれとは、ちょっと違います。
晩年を豊かに過ごすには、
この「モテ期」をどう過ごすかが大事なのですが…。




 人生には3度の「モテ期」がある、と言われています(←言っているのは私です )。
 ハイ、男女それぞれにです。それはいつかと言うと――

 【第1モテ期】 17・18歳から22・23歳にかけての青春期。
 【第2モテ期】 26歳から35歳ぐらいにかけての青年期。
 【第3モテ期】 40代後半から60歳ぐらいにかけての熟年期。


 年齢は、多少、個人によって差があるかもしれませんが、人は、その一生のうち、3度ほど、「モテる」時期がやって来る。そして、それはだいたい、この3つの時期ぐらいではないか――と、筆者・長住は分析しています。
 3つの「モテ期」には、それぞれ意味があります。その意味を決定するのに大きく関係するのが、だれもがその心の内に抱える3種類の「自我の要素」です。
 その3つとは、エゴグラムで言うところの「親的な要素」と「子ども的な要素」、そして「自立したおとなの要素」です。そのどの要素が強いかによって、相手にどんな愛を示せるかも、どんな愛を求めるかも変わってきます。
 ざっと解説しておくと、それぞれの要素が強い人の愛の示し方・求め方の特徴は、こんな感じです。

   「親的要素」が強い人の愛のあり方 
 相手を甘やかし、養護しようとする「養護的な親」か、厳しく叱って指導しようとする「批判的な親」のような愛し方。
《相手に求めるスタンス》 自分に「甘えてくる」か、「従順に従おう」とする「子ども」のようなスタンス。
   「子ども的要素」が強い人の愛のあり方 
 相手に依存して、甘えたり、わがままを言ったりする「わがままな子ども」のような愛し方か、親から「いい評価」を得ようとする「順応する子ども」のような愛し方。
《相手に求めるスタンス》 自分を庇護し、「いい子」と認めてくれる「親」のようなスタンス。
   「自立したおとなの要素」が強い人の愛のあり方 
 相手と共感し合い、理解し合い、協力し合おうとする「同志」や「友人」のような愛し方。
《相手に求めるスタンス》 自分を理解し、協力してくれる「おとな」のスタンス。

 これらの愛し方から出来上がるカップルのパターンは、以下の7通りです。

組み合わせ1 「母親」になりたい女vs「子ども」でいたい男
組み合わせ2 「母親」になりたい女vs「父親」になりたい男
組み合わせ3 「母親」になりたい女vs「自立したおとな」でいたい男
組み合わせ4 「子ども」でいたい女vs「父親」になりたい男
組み合わせ5 「子ども」でいたい女vs「子ども」でいたい男
組み合わせ6 「子ども」でいたい女vs「自立したおとな」でいたい男
組み合わせ7 「自立したおとな」でいたい女vs「父親」になりたい男
組み合わせ8 「自立したおとな」でいたい女vs「子ども」でいたい男
組み合わせ9 「自立したおとな」でいたい女vs「自立したおとな」でいたい男

 この組み合わせを成立させるには、それぞれに適した時期があります。
 それが「モテ期」を決定する要素でもあるわけです。

続きを読む

テーマ : 大人の恋愛
ジャンル : 恋愛

「電気洗濯機」は、ボクたちを幸せにしてくれたか?





バナー小

 昭和は遠くになっちゃった…?   04 

読書する爺ちゃん
昭和30年代は、「電化」の時代でした。
毎年のように、家に新しい家電製品がやって来る。
これからは、便利で楽しい時代がやって来る。
だれもがそう信じていたと思います。
しかし、ほんとうにそんな時代になったのでしょうか?




 電気洗濯機、電気冷蔵庫、白黒テレビ。
 当時、「三種の神器」と呼ばれた家電製品が、恐ろしい勢いで一般家庭に入って来たのは、昭和28年から33年にかけての時期だった――ように記憶しています。
 もっとも早く発売されたのは、白黒テレビ(シャープ、1951年=昭和26年)でしたが、テレビ放送そのものが、まだ地方では開始されていなかったこともあり、全国的な普及は、いちばん最後になりました。
 1953年(昭和28年)になると、三洋が家庭用の電気洗濯機を、松下が家庭用の電気冷蔵庫を発売して、他社もそれに続きました。
 わが家にやって来たのは、洗濯機が先だったか、冷蔵庫が先だったか、ハッキリしません。しかし、どちらに驚いたかは、ハッキリ覚えています。
 電気洗濯機でした。
 なにしろ、洗濯というのは、家事労働の中でも、もっとも過酷に見えていた労働です。井戸端にしゃがみ込んだ母親が洗濯板と洗濯石鹸を使ってゴシゴシともみ洗いし、それをすすぎ洗いしては、か細い腕に渾身の力を込めて水気を絞る。それを2回、3回と繰り返すわけです。
 あまり体が丈夫とは言えない母親が、洗濯する度に、腰に手をやって「フゥ……」と息を吐き、ストレッチしている姿を見て、子ども心にも「大変だなぁ」と思ったのを覚えています。
 それを、機械がやってくれる――というのですから、驚きでした。
電気洗濯機 と言っても、初期の洗濯機には脱水機なんていうシャレたものはついていません。たいていはこんな姿をしていました(写真右⇒)。いまの人が見たら「何、コレ?」と言うのが、本体に取り付けられたハンドルでしょう。
 団塊の世代の方は、ご存じだと思いますが、これ、ローラー式の絞り器なんですね。洗った洗濯物を上下2段のローラーの間に差し込んでハンドルを回すと、洗濯物が「のしいか」みたいになって出てくる仕組みです。
 それが面白くて、「鉛筆をべっちゃんこにしてみよう」とか「餅を通したらかき餅になるだろうか?」とか「指を通したらどうなる?」などと遊んでいて、母親にこっぴどく怒られたりもしたものです。

ふくろう確かに「洗濯機」は、
私たちを「洗濯」という重労働から解放してくれたが……


 以後、洗濯機は、脱水槽の付いた二槽式へ、やがては、洗濯⇒すすぎ⇒脱水までを自動でやってくれる「全自動」へと進化し、最近は、乾燥機能まで備えた「洗濯乾燥機」までが登場していることは、みなさん、ご存じのとおりです。
 こうした進化を見ていると、支配人・長住は、「ハテ?」と感じることがあります。

 私たちは、はたして、ここまでの進化を望んだだろうか?
 これらの進化は、はたして、私たちを幸せにしてくれているだろうか?


 という疑問です。
 実を言うと、この疑問に対する私の答えは「NO」なのです。
 脱水までを自動でやってくれる洗濯機は、確かに私たちを「洗濯」という重労働から解放してくれました。しかし、乾燥までを自動で――というのはどうか?
 洗い上がった洗濯物を天日で干すという、気持ちのいい仕事を、私たちから奪ってしまっているのではないか?
 そこまでやってくれと頼んだ覚えはないゾ――と、私は思うのです。
 もっとわかりやい例が、掃除機です。

続きを読む

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。