スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神様」を探してはいけない

バナー小

 晩年の哲学   12 

哲学先生 もうすぐ、2016年に別れを告げます。
年が明けたら、各地の神社や仏閣に、
初詣に出かけようか――と考えている人も
いるのではないかと思います。
水を差すわけではありませんが、
私は、この初詣があまり好きではありません。




 「初詣」というのは、年が変わるという人間側の都合に合わせて、「神様」を感じてみようか――という行為です。
 中には、「今年はどこにお参りに行こうかね?」「おまえの受験もあるから、天神さまにお願いに行こうか?」「それより、お父さんの病気のこともあるから、大師さんがいいんじゃない?」などと、祈願の目的に合わせて、神社やお寺を選ぼうとする人もいるかもしれません。
 別に、それにケチをつけようなんぞという気は、毛頭ありません。季節の節目に、「神仏を感じてみよう」という行為は、それはそれで、日本人の精神と風土に合った行動スタイルとして尊重に値すると、私も思っています。
 しかし、これらはすべて、人間側からのはたらきかけにすぎません。そのときの気分や都合に合わせて、「神を選ぶ」という人間的な行為にすぎないと思うのです。
 それでは、「神や仏」の側からのはたらきかけを受けて、深い知恵を授かる、人生の意味について何かを悟らされるということにはならないだろう――と、支配人・長住は思います。

男アイコン1
人が神を見つけるのではなく、神が人を見つけるのである

 よく、こんなことを尋ねる人がいます。

  神様っていると思う?
  どこにいると思う?

 最近は、「パワースポット」なんてものが流行って、そういう場所に出かけては、「神様」を感じて来ようとする人もいます。
 しかし、私は、「神様を探そう」という人も、「探す」という行為も、あまり好きではありません。
 「神」は、人が見つけるものではない――と思っているからです。
 考えてみてください。
 もし、「神」が「人」によって発見されるのであれば、言い方を変えると、「人」が見つけなければならないような「神」であれば、そんな「神様」は、「人以下」ということになってしまいます。
 そんな「神様」なんて、ありがたくもなんともない。私は、こう思っています。

 「神」というのは、この世界に満ち満ちているもの。
 人がどこにいようと、何をしていようと、
 絶えず私を見守り、導こうとしてくれる、
 そういう存在である。


 「神」と「人間」の関係で言うと、

 人が神を見つけるのではなく、
 神が一方的に人間を見つける。


 そういう関係だと思うのです。
 「神様を探す」というのは、「神様」の立場から言えば、たいへん、失礼な話なわけです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

「ガミガミ」か「ヨシヨシ」か?~モテるシニアのタイプ考察





バナー小

 灰になるまで恋シチュー   03 

手と手 
50歳過ぎてやって来る「人生最後のモテ期」。
そこで成立する関係には、
親子ほど歳の離れた関係もあります。
モテるのは、どんなタイプの「親」で、
惹かれるのは、どんなタイプの「子ども」か?
エゴグラムの理論で解き明かしてみます――




 50~60歳にかけての10年ほどは、「人生最後のモテ期」である――という話を、前回、ご紹介させていただきました。

 まだお読みでない方は、下記記事をご参照ください。
 『50代。人生最後の「モテ期」がやって来る!』


 この「モテ期」に成立するのは、「父親のような男」と「娘のような女」の関係や、「母親のような女」と「息子のような男」の関係が多い――という話をしました。
 今回は、その「親」の話です。
 心療内科などでよく使われる心理的手法に、「エゴグラム」というのがあります。人の心の中には、「」「自立したおとな」「子ども」という3種類の自我が住んでいて、そのミックス度合いによって、心の状態がわかるという分析手法です。
 「エゴグラム」では、「親」の要素を「批判的親=CP」と「養護的親=NP」に分け、「子ども」の要素を「自由な子ども=FC」と「順応する子ども=AC」に分けて考えます。
 まずは、「親」的性質の2つのタイプについて――。

ふくろう
歳をとるほど「ガミガミ」になる人がいるのは、なぜ?

 「批判的親=CP」というのは、文字どおり、「他者に批判的」な態度をとる性質のことだと思っていいでしょう。
 よく言えば、この性質を強く備えた人は「信念の人」とも言えます。「これが正しい」「こうすべきだ」を、いつも「理想」としてキープしていて、道徳的・倫理的に自らを律しようとします。
 しかし、この性質がもっぱら他者に向けられるようになると、「××しなきゃダメじゃないか」と厳しくとがめたり、叱責したり、「そんなこともわからないのか」と威圧的・支配的にふるまったりするようにもなります。そうなると、周りからは、「頑固オヤジ」「教育ママ」「ガミガミおやじ」「ガミガミ母さん」などと呼ばれ、煙たがられるようになります。中には、「クレーマー」や「モンスター」と化してしまう人もいるかもしれません。
 この性質は、歳をとるにつれてより強くなっていく傾向が見られます。
 おそらくそれは、頭が固くなっていくせいだと思われます。新しい考え方や新しい情報を取り入れる能力が、加齢とともに衰え、それまで自分が固持してきた価値観などに、一層強く固着するようになるからだ――と思われています。
 新しい情報を書き込まなくなった脳は、シナプス結合によって形成される神経細胞同士のネットワークが、どんどん粗くなっていきます。粗くなっていくと、古い時代に形成されたネットワークだけが残っていくようになります。
 たとえば、あなたが、ある特定の価値観や倫理観などに頑固に固執しているとしましょうか。衰えていくネットワークの中で、最後まで強固に残るのは、その価値観なり倫理観なりが、最初に脳に書き込まれたときのネットワークです。その書き込みが強烈であればあるほど、そのネットワークは、いつまでも頑固に残って、その人の行動や感じ方・考え方を支配し続けます。
 これが、「ガミガミ」言い続ける人の脳の仕組み。頑固であるほど、その人の脳は、新しい情報を拒み、新しいネットワークが形成されることを阻害しますから、ますます固定観念への固着の度合いを強めていくことになります。
 これでは、新しい人間関係を築くことはむずかしいですよね。新しい出会いの機会があっても、自ら心を閉ざして、その可能性を塞いでしまうからです。

ふくろう
歳をとるほど「ヨシヨシ」になる人もいる。その理由

 それでは、「親」的性質のもう一方のタイプ、「養護的親=NP」のほうはどうでしょう?
 こちらは、他者を思いやり、「保護しよう」「養護しよう」とする性質のことだと言っていいと思います。
 この性質を強く持った人は、よく言えば、「愛情の人」です。自分が持っている「温かさ」を、常に他者に分け与えようとします。
 この性質が他者に振り向けられるときの基本的スタンスは、「寛容さ」と「世話焼き」。相手が何を言おうが、しようが、「ま、それもいいか」と寛容に受け止め、何かと面倒を見ようとするのですが、これが行き過ぎると、周囲からは「甘やかし」「過保護」と見られ、世話を焼こうとした相手から「過干渉」「おせっかい」などと迷惑がられることもあります。
 この性質も、加齢とともに強くなっていく傾向が見られます。
 「批判的親=CP」の場合とは逆に、このタイプは、歳を経るにつれて頭の柔軟度を増していくようにも見えます。
 もともと、このタイプの人の脳には、「あれしちゃダメ」「これもしちゃダメ」というような固定化された規範が、あまりハッキリとは書き込まれていません。新しく入ってくる情報をブロックしてしまうような「バリア」が強固には形成されてない、「バリアフリーな脳」と言ってもいいかもしれません。
 新しい人に出会ったり、新しい情報を目にしたり耳にしたりする度に、「よしよし。ま、いいか」と、それを受け入れてしまう傾向が、「批判的親=CP」よりもはるかに強い。そんなふうに新しいものを「ま、いいか」と受け入れ続けるうちに、このタイプの脳は、「寛容度」を増していきます。つまり、キャパを増やしていくわけですね。
 50代にやって来ると申し上げた「人生最後のモテ期」には、こういう性質のほうがモテるのではないか――とも思えます。
 しかし、一概にそうとも言えない。実はこれは、相手次第でもあるのですね。

ふくろう
「モテ期」に成立する8通りの関係

 「人生最後のモテ期」にあなたの目の前に現れるのは、もしかしたら、あなたとは親子ほど歳の離れた「娘のような女」や「息子のような男」かもしれません。「親」的な自我を強く持ったあなたがモテるのは、そういう「子ども」的自我を強く持った男女である場合が多いだろう――とも思われます。
 その「子ども」的自我にも、2つのタイプがある――と、最初に申し上げました。
 ひとつは、親の目を気にして、何とか気に入られようとする「順応する子ども=AC」という性質。もうひとつは、親の庇護をいいことに自由気ままにふるまい、わがままを言う「自由な子ども=FC」という性質。
 彼らの前で「親」的にふるまおうとするあなたと、「子ども」のようでいようとする若者の間には、次の8通りの組み合わせが成立する可能性があります。
 ひとつひとつ検証してみましょう。

続きを読む

テーマ : 大人の恋愛
ジャンル : 恋愛

自分の「課税遺産」はどれくらいになる? その計算法

  



バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   09 

遺影と花
生きているうちに整理しておくべきこと。
そのひとつに、子孫に残す「財産」があります。
残す側(被相続人)も、残される側(相続人)も、
考えておかなければならないのは、
相続によって、相続人に
過大な負担がかかってはしまわないか
――ということです。




 「過大な負担」として注意したいのは、主には、次の2つのケースです。

 〈A〉相続額が大きくなり、相続税の負担が過大になってしまう場合。
 〈B〉相続によって相続人が負債を抱え込んでしまうことになる場合。


 伴侶も、子どももいない支配人・長住には、どちらの心配もない――と、胸を張りたいところなのですが、実は、そうはいかないんですね。
 妻も子どももいない――となると、相続は、第2順位の父母や祖父母に、そのどちらも亡くなっていれば、第3順位の兄弟姉妹に、それも亡くなっていれば、その子ども(おい・めい)へと回っていきます。
 ここまでが、「法定相続人」。
 特に、遺言が残されていない場合には、遺産は、以下の優先順位で相続されることになります。ちょっと整理しておきましょう。

遺産相続で優先される「法定相続人」とは?

配偶者 常に「法定相続人」となります。
第1順位法定相続人 子ども。子どもが亡くなっている場合は、孫。
第2順位法定相続人 被相続人の父母。父母が亡くなっている場合は、祖父母。
第3順位法定相続人 被相続人の兄弟姉妹。兄弟姉妹が亡くなっている場合は、その子ども(おい・めい)。

 ひとつだけ覚えておいていただきたいのは、これらの法定相続人の間で、異なる順位の相続人が同時に「法定相続人」となることはできない――ということです。
 《第1順位》の子どもがいるのに、《第2順位》の「親」や《第3順位》の「兄弟」が「法定相続人」として名乗りを上げることはできないわけですね。
 これは、法定相続の大原則ですから、頭の中に入れておいていただきたいと思います。

続きを読む

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

「声かけ隊」結成するゾ!――の件について

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   10 

砂丘のふたり 「ひとり暮らし」を続けている支配人・長住は、
常にある「不安」とともに日々を過ごしています。
もしある日、突然、倒れて、それをだれにも
気づいてもらえなかったら……という不安です。
そのまま行けば「孤独死」。
そんな不安を解消するためには、
何かしらの組織が必要。そこで――。




 支配人が居住する千葉県には、いくつか、巨大な団地が存在します。
 1959年に入居募集を開始し、全170棟・4839戸を擁する「常盤平団地」もそのひとつ。この団地も、他のUR団地同様、住民の「高齢化」という問題に直面しています。
 現在の高齢化率は、38.4%。住人2.6人に1人が高齢者という状況の中で、何件か、痛ましい出来事が報告されました。2001年には、69歳の男性が死後3年間放置されたまま、白骨死体となった状態で発見され、翌2002年には、50歳の男性がこたつに伏せたままの状態で、死後4カ月経って発見されました。
 こうした事態を憂慮した団地自治会や団地社会福祉協議会が、理事会で協議を重ねるなどして、3年後に「孤独死ゼロ作戦」を発表しました。
 基本コンセプトは、「人と人とのつながりを重視する」。そのために、自治会などが具体的に取り組んだことは、主に次の3つです。

千葉県「常盤平団地」~「孤独死ゼロ作戦」の取り組み

〈1〉あんしん登録カードの活用……65歳以上のひとり暮らしの高齢者に、身内の連絡先などを登録してもらい、不測の事態の際の連絡に役立てるようにしました。

〈2〉民生委員と協力して見守り活動を実施……自治会が民生委員と協力し合って定期的に家庭訪問を実施するなどの活動を行っています。

〈3〉いきいきサロンの運営……団地内に、住民のだれもが利用できる居場所として設置され、出会い・ふれあいを通して、地域の和づくりの拠点として活用されています。

 こうした常盤平団地の「孤独死ゼロ作戦」は、「NHKスペシャル」でも取り上げられ(2005年「ひとり団地の一室で」)、2006年には、その番組が「ABU賞最優秀賞」を受賞するなどして、世界中に日本での「孤独死」問題を知らしめることとなりました。

続きを読む

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

60過ぎたら、「元気ですよ」は自ら発信!

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   09 

砂丘のふたり
「私は、元気で生きてますよ」という情報を
周囲の人間や友人たちに知らせる方法を、
みなさんは何か持っていますか?
60を過ぎると、そういう「安否情報」を、
自ら発信する工夫が大事になります。
そのために、いま、やっておくべきことは――?




 高齢化社会の中で増えている、単身高齢者の「孤独死」。
 それを防ぐためには、自分の「安否情報」を発信する工夫が必要。それには、単身高齢者が自ら実践すべき方法もあれば、周囲の人間が取り組むべき方法もあります。前回の記事「孤独死しないために、いま、考えておくべきこと」では、自ら実践できる方法として、各種「見守りサービス」を利用する話をしました。
 しかし、それには、けっして「安い」とは言えない費用もかかる。そんな余裕はないという人なら、単身高齢者が自ら、自分の「安否」を発信し続ける工夫が必要――と申し上げました。
 どうやって……?
 今回は、そんな話をしてみたいと思います。

カラス60過ぎての「年賀状」は、「生存証明」でもある

 私は、50代に突入してから、マメに年賀状を出すようにしました。60を過ぎてからは、その年賀状の中に「近況」という欄を設けて、「いま、何をしているか?」「健康状態」などを簡単に伝えるようにしました。
 それぐらいの年齢になると、ポツポツと、成人病を患ったり、そのために命を落とす友人が現れたりします。「オレはまだピンピンしているゾ」を伝えておかないと、「そう言えば、あいつ、どうしてるんだろう? 今年は年賀状も来てなかったけど、もしかして死んでるんじゃあるまいか?」などと思われかねないからです。
 しかし、年賀状で伝えられる「安否情報」は、年に1回。「孤独死」を防ぐ効果としては、はなはだ不足――というより、まったく役には立ちません。せいぜい、「消息不明」になることを防ぐ程度の効果しか期待できないだろうと思います。
 もう少し頻繁に、できれば日々、だれにもわかるように、自分の「安否」を発信できる工夫が、何かないものでしょうか?

カラス私が、毎日、「ブログ」を更新する理由

 支配人・長住は、自分が運営するブログを毎日更新して、トップページにその日の日付を記した記事を配するようにしています。
 友人や遠く離れたきょうだいたちには、私は、こう頼んでいます。

  もし、2日経っても日付が更新されてなかったら、
   何かあったな――と思ってほしい。


 彼らが、毎日、のぞいてくれているかどうかはわかりませんが、「安否情報」のひとつになるかな――とは思っています。
 スマホ派の人たちなら、安否確認用のアプリを利用するという方法もあります。
 「まもるゾウ-防災」「Life360」など、家族の「位置」や「安否」を、常時、確認できる無料アプリが用意されていますので、こういうアプリを利用して安否確認ができるようにしておくというのも、ひとつの知恵かもしれません。
 ただし、ブログにしても、安否確認アプリにしても、これらが「安否確認」の手段として効果を発揮するためには、マメな友人や親族がいることが条件。確認したいと思う側が意識的にアプローチしない限り、「何かあった」を察知することはできず、異変に気づかないまま、長い間、見過ごされてしまうということも、ないとは言えません。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。