家にいながら「出家」する、という「晩年」もあり

バナー小

 晩年の哲学   14 

修行僧 損得に流され、競争原理に身をさらし、
愛と憎しみの狭間で揺れ動く。
そんな俗世間の煩悩に振り回される人生を
そろそろ考え直してみようか?
人生も「晩年」の域にさしかかると、
そんなことを考え始める人もいようかと思います。
そんな人たちに注目されているのが、
「出家」してみるという考え方です――。




 女優の清水富美加が「宣言」して、ちょっと、世間の注目を浴びることになった「出家」という言葉。
 そもそも、「出家」とは何よ――と思った方も多いのではないかと思います。
 「出家」とは、本来は、俗世間との関わりを捨てて、得度して僧形(そうぎょう=剃髪して僧服に身を包む)となり、仏門に身を投じることを言います。キリスト教だと、修道院などに入って修道士、修道女として、「キリストに従って生きる」を徹底させるというのが、それに当たるかもしれませんが、これを「出家」というふうには考えないようです。
 なので、ここでは、仏教に限って話を進めたいと思います。
 「出家」の反対語は、「在家(ざいけ)」です。「在家」とは、「俗世間に身を置いたまま」を意味する言葉です。
 「出家」であろうと、「在家」のままであろうと、仏門に入ることはできます。そのために必要になるのが、「得度(とくど)」というプロセスです。

男アイコン1
「仏の教え」に従う誓いを立てる「得度」というプロセス

 「得度」というのは、損得、愛憎、勝ち負けなどの煩悩に振り回される「迷いの世界」から、「仏の生き方」を拠り所とする「悟りの世界」へと渡ることを言います。「この世的な物差し」を捨てて「悟りの物差し」を身に着けるために、師となる僧の教えを受け、「仏弟子」となる誓いを立てること。それが「得度」の意味です。
 宗派によって違いはありますが、この「誓い」には、次の要素が含まれます。

 まずは、「帰依(きえ)」。
 「帰依」とは、「教えを信じて身を任せる」という意味ですが、任せる対象は「仏=仏陀」「法=仏陀が示した教え」「僧=信仰の仲間」の「三宝」とされ、これを「三宝帰依」と言います。「得度」にあたっては、この「三宝」に帰依します――と、誓いを立てるわけです。

 次に、「戒律」を守るという誓いを立てます。
 何を「戒律」として重視するかは、宗派によって違いますが、一般的に知られているのは、「五戒」と呼ばれる次の5つの戒めです。

仏教徒が守るべき5つの戒め=「五戒」
不殺生戒(ふせっしょうかい)……生きものを殺さない。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい)……与えられないものを盗らない。
不邪淫戒(ふじゃいんかい)……夫婦でない関係で性交渉をしない。
不妄語戒(ふもうごかい)……嘘をつかない。
不飲酒戒(ふおんじゅかい)……酒におぼれない。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 生きる
ジャンル : ライフ

ほんとうに「戒名」って必要? そのお値段は?

 



バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   11 

遺影と花
仏教では、亡くなると「戒名」をつける。
そう思っている人が多いと思います。
しかし、これは誤解。宗派によっては、
戒名」そのものが存在しないところもあります。
その違いは、どこにあるのか?
戒名」をめぐるぶっちゃけ事情、
探ってみました。




 仏教徒であれば、死んだら、「戒名」というものが付けられるのだろう。
 たいていの人は、そう思っているかもしれません。そして、おそらくこうも思っているだろうと思います。

  立派な「戒名」を付けるには、金もかかるに違いない。

 確かに、そういう側面がないとは言えません。
 しかし、その前に、大きな誤解を解いておかなければなりません。
 実は、仏教界には、「戒名」そのものが存在しない宗派もあります。しかも、その宗派は、日本で最大の信者数を抱える浄土真宗や日蓮宗なのです。
 参考までに、日本の主な仏教宗派(新興宗教を除く)とその信者数を挙げておきましょう。

日本の主な仏教宗派と信者数(信者数順、新興宗教を除く)
宗派寺院数信者数戒名の有無
浄土真宗本願寺派10,3616,940,363なし
浄土宗6,9296,021,900あり
浄土真宗大谷派8,7845,533,146なし
高野山真言宗3,4795,486,000あり
日蓮宗4,6253,411,736なし
曹洞宗14,7641,578,712あり
真言宗智山派2,8511,537,777あり
真言宗豊山派2,6271,203,762あり
天台宗3,235613,174あり
真言宗醍醐派870562,080あり
文化庁『宗教年鑑』(平成6年版)より

ふくろう
「戒名」をつける宗派信者は、実は、少数

 仏教では、死者は、「仏の弟子」となって浄土への道をたどる――とされています。「仏弟子」となるためには、仏者として守るべき「戒(かい)」を授けられ、それを守る誓いを立てる必要があります。これを「授戒(じゅかい)」と言います。
 通常は、生きているうちに「授戒会(じゅかいえ)」という儀式を受け、「仏弟子」となった証として「戒名」を授けられます。しかし、忙しい現代人には、なかなかそんな機会を作る余裕がありません。時間はあっても、そこまで信心深くない人も多いだろうと思われます。
 たいていの場合は、死んだ後になって、その枕元で読経をしてもらい(これを「枕経=まくらぎょう」と言います)、そこで授戒の儀式も行って「戒名」をつけた上で、浄土に導く「引導」を与えて死出の旅に送り出す――という形をとります。
 天台宗も、真言宗も、さらには禅宗の臨済宗でも曹洞宗でも、浄土に迎えられるかどうかは、本人がこの「戒」を守るかどうかで決まりますから、「自力本願」と言われます。
 「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで、阿弥陀如来の慈悲によって浄土へ迎えられる――と説いた法然の「浄土宗」も、念仏を「行(こう)」と考えましたから、そこにはまだ「自力」が介在し、したがって「戒」も「戒名」も存在します。
 しかし、法然の弟子としてその考えを受け継いだ親鸞は、「念仏を唱えよう」という信心を起こしたその時点で阿弥陀如来の慈悲にすくい取られて、往生が定まる――と説きました。完全な「他力本願」で、そこには「戒」そのものが存在しません。「戒」がないので「授戒」の儀式もなく、したがって、「戒名」もつけません。浄土真宗では、「戒名」とは言わず、「法名(ほうみょう)」と言います。
 やや遅れて、布教活動を始めた日蓮宗の開祖・日蓮は、自らを「無戒の僧」と名乗り、いたずらな戒律を否定しました。ただ、法華経のみを信じ、「南無妙法蓮華経」と唱えれば(=信心唱題)、「即身成仏」できると説きました。戒律の意味を認めないので、日蓮宗では「戒名」は使わず、「法号」と言います。
 浄土真宗系と日蓮宗系は、どちらも信者数が多く、合計すると、仏教信者の約58%を占めてしまいます。
 つまり、常識のように思われている「戒名」をつける宗派は、社会全体では少数派というわけです。
 しかしながら、「戒名」と「法名」「法号」を使い分けていると、話がややこしくなるので、ここでは、便宜的に、まとめて「戒名」と呼んでおくことにします。

続きを読む

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

「もう一度会いたい」と思える人がいる幸せ





バナー小

 灰になるまで恋シチュー   04 

手と手
生きているうちに、もう一度、会いたい。
あなたには、そう思える人が、
だれかいるでしょうか?
そういう人とは、何としても再会する機会を作って
かつての想いをよみがえらせるべきなのでしょうか?
それともそれは、
思い出の中に封印しておくべき?




 もちろん、ここで言う「だれか」というのは、「異性の」ということです。
 正直に申し上げると、支配人・長住にはいます。ひとり……いや、ふたり、もしかしたら3~4人ぐらいはいるかもしれません。
 それは、どういう女たちか――というと、元・カノだったり、心許せる異性の友だちだったり、かつての部下であったり、想いを寄せたものの実らなかった片思いの相手だったりするわけですが、そういう女性たちともう一度会って、どうにかなりたいなんぞと思っているわけではありません。
 ただ、会いたいのです。
 会って、その人が元気であることを確かめたい。幸せな人生であったらしい、ということを確かめたいんですね。
 そして、もうひとつ。もしかしたら、これがいちばん大事かもしれないのですが、

 どうやら幸せらしいその人の人生の中で、
 自分という存在が、けっして小さくはない位置を占めていたようだ。


 ということを確かめたいのですね。
 そんなふうに思える人がいるというだけで、それは、人生の宝物のようなものだ、と筆者は思います。たとえ「もう一度」がかなわなかったとしても――です。
 そしてもし、運よく「再会」できたその人の口からこういう言葉を引き出せたら、「吾輩の人生も捨てたものじゃなかったわい」と、満足できるだろうと思います。

   わたし、思うのよ。もし、あなたと一緒になっていたら、
   どんな人生を送れてたかしら――って。


 あるいは、あからさまに、

  わたし、やっぱり、あなたと一緒になってればよかったわ。

 とか――。
 しかし、そんな感じ方をするのは、どうやら男だけらしいのです。

続きを読む

テーマ : 大人の恋愛
ジャンル : 恋愛

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR