最近の歌は、なぜ、「鼻歌」にできないのか?





バナー小

 昭和は遠くになっちゃった…?   06 


踊る若者どうも、最近の歌は、覚えにくい。
なかなか頭に入って来ないし、
「鼻歌」にして口ずさむというところまで
行かない。実は、これには理由がある。
最近の歌からは、ある種のリアルが、
失われつつあるようなのです。
そこが「昭和の歌」と「平成の歌」の違い――。




 最近の歌は、覚えにくい。
 そう感じている人も、少なくないだろうと思います。支配人も、そう感じているオヤジのひとりです。
 「覚えにくい」というのには、二重の意味があります。まず、歌詞が頭に入って来ない。そして、メロディが脳の中に定着しない。
 歌詞も、メロも、定着しないので、つい、その歌を口ずさむというところまでいかない。つまり、なかなか「鼻歌化」できない。「覚えにくい」ということを現象的に説明すると、そういうことになります。
 昭和のヒット曲には、10年も20年も歌い継がれ、100万枚、200万枚と売れるメガ・ヒットが、何枚も生まれましたが、平成のヒット曲では、それが少ない。
 どうしてか?
 支配人なりに、分析してみたいと思います。

ふくろう
「大衆化」という作業を行うプロがいなくなった…?

 これは、いいことかわるいことか、筆者には何とも言えません。
 いまでも、作詞の専門家や作曲の専門家が、どうすればヒットするかを練りに練って書き上げ、作り上げた曲が、オリコンの上位にランクされたりもします。しかし、それよりも、ミュージシャンが詞を書き、曲を作り、自ら演奏して、ファンに直接、訴えるという形で、発表される曲のほうが多くなったように見えます。それはそれで、音楽の可能性を広げて見せてくれているわけで、そのスタイルそのものは、われわれ団塊の世代が生み出し、支持してきたスタイルでもありました。
 しかし、その結果、何が起こったかというと、音楽という世界の「多ジャンル化」、商品として言うなら、「多品種化」――です。
 さまざまなミュージシャンたちが、それぞれのスタイルで、それぞれの思想やテイストに合う曲を書き、そういう曲には、コアなファンがついて、熱烈に支持する。しかし、そういう曲が一般大衆の心を動員するところまでいくかと言うと、なかなかそうはならない。
 大衆に幅広く受け入れられるためには、曲=メロディをできるだけ単純化したり、詞にインパクトを持たせたり、大衆に共感されやすいメッセージをちりばめたりする工夫が必要になるのですが、そういう工夫は、音楽に限らず、あらゆるアーティストにとって、あまり心地のいいものではありません。
 「大衆に受けるため」は、アーティストがアートに純粋であればあるほど、「大衆迎合主義」として退けられる傾向にあるからです。
 「覚えやすい歌」=「大衆化された歌」と考えると、音楽のこうした「多ジャンル化」は、「最近の歌は覚えにくい」と感じさせる要因のひとつと言っていいかと思います。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR