スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国には連れて行けない「イヤな自分」の眠らせ方

バナー小

 晩年の哲学   06 

哲学先生 眠りに就こうとする私を
邪魔しにくる者がいます。
それは、「後悔」とともに現れてくる「イヤな自分」。
そんな自分は「後悔」ともどもスリープさせないと、
安眠はおろか、安心して永眠もできません。
さて、どうするか?




 「後悔」には、いろんな種類があります。
 「あれもやらなかった」「これもやらなかった」が、「後悔」となって胸を苦しめる人もいるかもしれません。「達成感」を求めるタイプの人たちに多い「後悔」です。
 逆に、「イヤなことをやってしまった」「ひどいことを言ってしまった」という「後悔」に苦しむ人もいるかもしれません。
 そんな後悔が、後から後から押し寄せてきたのでは、安らかに「永眠」することはできません。「永眠」はおろか、日々の「安眠」も得られないに違いありません。
 もともと、達成感になどあまりこだわらないタイプで、どちらかと言うと「楽天家」をもって任じる支配人・長住ではありますが、それでも、ある夜、ふと何かの後悔が頭の中に浮かんでくることがあります。いったん、その後悔が頭の中で一定の領域を占めると、それはどんどんふくらんでいき、さらにそこへ、他の後悔までが湧いて出て、脳は「後悔モード」一色。こうなると、もう眠れなくなってしまいます。
 さて、そんなときはどうするか――です。

男アイコン1
イヤな「後悔」は、「言語化」されて左脳に現れる!

 後悔の程度が軽微であれば、私は、「ま、いいか」と頭の中の「後悔」を軽く鼻息で吹き飛ばし、「それよりも、明日会う○○ちゃん、美人だといいな」などと、「明日のいいこと」を考えます。この程度で、脳の中に芽生え始めた軽微な「後悔」は、だいたいは、どこかへ飛んで行ってくれます。
 しかし、この程度では、消えてくれない後悔もあります。
 私の場合、いちばんやっかいなのは、

ああ、あの日、あのとき、あの場所で、何であの人に、あんなことを言ってしまったんだろう?
ああ、なんで、あの大事なときに、あんなことをやっちまったかなぁ?

 といった種類の後悔です。それも、自分の人生に決定的な意味を持つことになったような場面での、発言や行動、あるいは行動しなかったこと――についての後悔。
 この手の後悔は、放っておくと「自己嫌悪」という手強い魔物に育ってしまいます。

 これは、支配人・長住の感覚なのですが、こういう「イヤな自分」は、たいてい、脳の左側から這い出てきます。つまり、「左脳」です。
 というのも、「イヤな自分」というのは、「まったく、バカヤローが。なんで、あんなこと言っちまったんだよォ!」とか「ああ、あんなことやるなんて、オレは、なんていうクソ野郎なんだ」というふうに、「言語化」されて立ち現れてきます。ときには、「クソーッ!」「バカヤロー!」などと、口に出してつぶやく(ときには叫ぶ)こともあろうかと思います。
 大脳の中で、こういう言語化作業をつかさどっているのは、「言語野」と呼ばれる部位なのですが、ほとんどの右利きの人の場合、それが存在するのは、左側頭部の上側あたりです。
 つまり、こういうことです。

「イヤな自分」が現れて自分を罵ったりする――
という「脳内現象」が起こっているのは、主として、この左側頭部である!
(左利きの人の場合は、右側頭部にある場合もあるそうです)

 実際、私の場合、強い後悔の念に苦しめられたりするときには、左側頭部がジンジンするような感覚に襲われることがあります。
 ならば――と、長住は考えたわけです。

男アイコン1
左脳の言語野をオフにして、右脳をオンにしてみてはどうか?

 そんなことができるのか?――とおっしゃる人もいるかもしれませんが、できるんですね、これが。
 いつも、私が「眠れない夜」にやっているのは、こんな方法です。

 まず、意識を自分の脳の右側頭部、耳のやや上あたりに集中させます。
 つまり、できるだけ左脳の、特に言語野を働かせないように、その反対側の部位を意識して、活性化させようとするわけですね。
 そこに、平和で安らかな映像を思い浮かべます。
 映像は、どこかの平和な森や湖でもかまわないし、そこでのんびりと草を食む動物たちの姿でもいいでしょう。
 よく、眠れないときは、草原で飛び跳ねる羊の数を数えなさい――と言われますよね。
 ええ、これもやってみました。しかし……これは、ダメです。

  羊が1匹、羊が2匹……羊が1万3867匹……。
 エーと羊が1万……あれ!? 3876だっけ? 3867だっけ?
 あ――ッ、わかんなくなっちゃった。
 もう1回、やり直しだ。


 こんなことをやっていると、かえって眠れなくなってしまいます。
 そもそも、数を数えるっていうのが、いけません。眠りかけた左脳を揺り起こすようなものです。
 なので、この方法は止め。
 映像は思い浮かべるけれど、数を数えたり、言葉をしゃべったりするのはなし。

男アイコン1
右脳に「観音さま」を飼うといい!

 というわけで、最近、筆者が右脳にお呼びしているのは、千手観音です。それも、とびきりお美しく、やさしいお顔の……。
 といっても、モデルがないと映像を浮かべにくいので、ここしばらくは、夏目三久さんの顔をお借りしたりしております。あくまで、チョー偏った私見ですが、あの方のお顔、なにやら観音さまを想起させるんですね。私がいくら「イヤだ」と感じる自分を見せても、口を手元に当てて「クスッ」とお笑いになるような……。
 私は、右の脳に、ずっと、こういう観音さまを飼っています。ただ、笑って許してもらう。それだけのために飼っている観音さまです。
 別に、観音さまじゃなくてもいいんですよ。マリアさまでもいいし、胃腸薬をお盆に載せて微笑む常盤貴子さまでもいいし、「花の里」(『相棒』の杉下警部行きつけの小料理屋です)の若女将・鈴木杏樹さまでもいいんです。
 要するに、いちいちワケを尋ねたりせずに、ただ微笑んでくれるだけの癒しの存在。これを自分の右脳に思い浮かべて、「イヤな自分」を「よしよし」してもらうわけです。
 いいですよ、ときには、そのヒザにゴロニャンしても。でも、それ以上はイメージしないでくださいね。今度は、別の神経が起き上がってしまいますから。

 ま、そんなわけで、私・長住の場合は、右脳に棲む「観音さま」のおかげで、たいていは、左脳側頭部の「言語野」は、「スリープ状態」になります。
 と同時に、「イヤな自分」も、その元になった「後悔」も、「スリープ」してくれます。
 「晩年」を心穏やかに、平和に過ごすためには、「イヤな自分」には「スリープ」していただくしかない。今回は、私が実践している方法をご紹介しました。よろしければ、試してみてください。

   「晩年の哲学」目次ページへ    トップページに戻る 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

私の生き方さま

コメントありがとうございます。
私も、眠れないときに、すご~く退屈なTVを観ることがあります。
ケーブルカーがとことこ山道を登っていく映像……とか、そういうやつです。
海外ドラマもいいですね。でも、英語だと、ときどき意味がわかってしまうので、
私は、アルゼンチンのドラマとかにしています。
あと、全然知らない海外のチーム同士の、
まったく点の入らないサッカーの試合とか……。
ただし、日本人プレーヤーのいないチーム限定です。

哲夫

No title

左脳人間の私としては、大変ためになるお話です。
生来の楽天家故、後悔することもあまりないのですが、なかなか寝付けない時の習慣があります。
DVD、できればあまりおもしろすぎない海外ドラマを、オフタイマーで見て、大体筋が把握できた頃合いに目をつぶり、英語だけ聞きます。私の英語力では大体しか分からず、それがいいのか、必ず眠りの世界に誘われます(笑)

多分、左脳が諦めるのではないかと思いました。

Re: No title

呑兵衛あな

コメント、ありがとうございます。

> お奨めの「観音さま」を教えてください。

ということですが、こればっかりは、個人の好みが大きく影響しますのでね。
おすすめした「観音さま」が、「般若」となってしまう可能性もなきにしも非ず――です。
なので、あくまで私の場合――ですが、
最近は、もっぱら、「壇蜜観音」のお胸をお借りしております。

哲雄

No title

お奨めの「観音さま」を教えてください。
本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。