スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「学園ソング」は、なぜ、歌われなくなったのか?

バナー小

 昭和は遠くになっちゃった…?   02 



悪魔女まずは、上の曲をどうぞ!
いまさら言うまでもありません。
舟木一夫の『高校三年生』です。
この曲がTVやラジオから
毎日のように流されていた頃、
みなさんは、高校生、中学生?
それとも小学生でしたか?
支配人は、高校2年生でした。

――You Tubeより



 こういう曲をいまさらながら聴いてみると、「ああ、あの頃の自分たちは、何てノーテンキだったんだろう」と、支配人は思います。
 この『高校3年生』がリリースされたのは、1963年(昭和38年)。舟木一夫のデビュー作で、作詞は『高原列車は行く』などで知られた丘灯至夫(おか としお)氏、作曲は、かの大御所・遠藤実氏でした。
 なんと、これが230万枚も売れる大ヒット。その年の紅白にも選ばれ、レコード大賞新人賞にも輝きました。
 まだ、「演歌」という言い方もなく、「ポップス」という呼び方もなかった時代。日本生まれの大衆音楽は、ひとくくりに「歌謡曲」または「流行歌」と呼ばれ、外国生まれの「ポピュラーソング」と区別されていました。
 そんな中に現れたのが、詰襟姿で「赤い夕陽が~」と歌う舟木一夫であり、『高校三年生』でした。
 やや遅れて登場した三田明の『美しい十代』などと並んで、これらの楽曲は「学園ソング」または「青春歌謡」と呼ばれました。

ふくろう
「健全さ」が売りだった「学園ソング」

 「学園ソング」に共通するのは、そこに出てくる「友情」「夢」「仲間」などの「健全で美しすぎる言葉」です。ほんとうは、「友情」には「裏切り」も伴うし、「夢」には「挫折」が、「仲間」には「分裂」がついて回ったりします。しかし、「学園ソング」は、そういう「負の側面」には触れずに、「友情はいつまでも変わらない」などと、ためらいもなく歌い上げるわけです。
 ひねくれた少年であった支配人・長住などは、この「健全さ」に違和感を覚えもしたのですが、それでも知らず知らず口ずさんでしまうような、覚えやすいメロディラインとリズムを、これらの曲は持っていました。
 これらの楽曲が大流行した理由のひとつは、その健全さゆえに、家庭のTVで流しやすいということがあったと思います。すでにこの時代、TVは、各家庭に普及し、翌年の「東京オリンピック」に向けて、急速に「カラー化」が進められていました。家族がそろって一家に一台のTVを見ながら団らんしているという場面には、こうした健全さが歓迎されたのかもしれません。
 校内放送や各種イベントで唯一流せる流行歌として、「学園ソング」は市民権を得ていきました。
 舟木一夫が登場したのと同じ年、約半年遅れて、今度は三田明が『美しい十代』(←左・You Tubeより)を引っ下げて登場し、「学園ソング」は、当時の若者たちの間で、ちょっとしたブームになりました。


ふくろう
戦後民主主義を信じ、謳歌した「青春歌謡」の時代

 「学園ソング」は、学園……といっても主に高校生活を舞台にした歌謡曲だったのですが、そこから「学園」という枠を取り払うと、「青春歌謡」ということになります。
 その走りは、戦後間もない1949年に発表された『青い山脈』でした。その後、しばらく間があって、1961年の『下町の太陽』=倍賞千恵子、1962年の『寒い朝』=吉永小百合&和田弘とマヒナスターズ、1964年にはペギー葉山の『学生時代』がミリオンセラーを記録しました。
 そこに共通していた精神は、戦後の民主主義を謳歌しようという、明るく前向きな精神だったように思えます。文学の世界で言えば、戦後青春文学の巨匠、石坂洋次郎にも通じるところがあります。実際、『青い山脈』も、『寒い朝』も、氏の同名小説が映画化されたときには、その主題歌として使われました(『寒い朝』は映画化の際には『赤い蕾と白い花』とタイトルが変わりました)。

参考までに。『下町の太陽』『寒い朝』『学生時代』は、こんな曲でした。――You Tubeより

  

ふくろう
歌作りは、プロの手から歌手の手へ

 しかし、ペギーの『学生時代』を最後に、こうした健全な「青春歌謡」も、「学園ソング」も姿を消していきます。
 その理由のひとつと考えられるのが、世界情勢の変化でした。この頃から、アメリカがベトナムに介入して起こした「ベトナム戦争」が、激化していきます。
 それに抵抗する若者たちが、アメリカで反戦運動を起こし、それが日本に、ヨーロッパに……と広がっていきました。1960年代後半になると、日本では、各地の大学で学園紛争も勃発します。
 友情だ、夢だ――と、青春の美しさを歌い上げていた「学園ソング」も、「青春歌謡」も、若者たちの支持を急速に失っていきました。
 音楽を取り巻く環境も、変わっていきました。アメリカでの反戦運動の高まりとともに起こったのが、フォークソングブーム。PPMやボブ・ディラン、さらにはジョーン・バエズなどが現れて、メッセージ性の強い歌を、自ら作詞したり作曲したりして歌うようになります。
 大衆音楽の世界では、アメリカでも日本でも、メジャーと呼ばれる音楽出版会社がその販売権を握り、売り方を知っているプロの作詞家と作曲家が曲を作り、それを歌手が歌う――という完全分業体制が取られていました。この分業システムが、1960年代に入って、壊されていくようになったのです。
 自分で作った曲を自分で演奏し、歌う。そういうミュージシャンを「シンガーソングライター」というのですが、アメリカでも、続いて日本でも、そういうミュージシャンが次々に現れ、それまでのプロの作詞家・作曲家では作れなかった、「自分の歌」を歌うようになっていきます。
 日本でのシンガーソングライターには、岡林信康、高石友也、吉田拓郎、やや遅れて現れた「かぐや姫」(南こうせつ)、井上陽水、泉谷しげる……と、そうそうたるメンバーが名を連ねています。
 いまでは、自分が歌う曲は、自分で作って配信し、そこからチャンスをつかむ――という方法まで登場し、プロに曲を書いてもらって歌う――という歌謡曲のスタイルは、徐々にすたれていきました。「歌謡曲」の一ジャンルであった「学園ソング」も、「青春歌謡」も、「歌謡曲」の衰退とともに、姿を消していったというわけです。

ふくろう
いま、「学園ソング」を歌わせるとしたら……?

 もしもいま、かつてのような「学園ソング」のような歌を歌わせるとしたら――と、支配人はときどき、考えることがあります。
 ひとりだけ……というか、ひとつだけ、ピッタリのグループがいます。「AKB48」です。
 ウン、それ、いい! 「AKBの『高校三年生』」、リメイクで出してみたらどうですかね、秋元さん?

   「昭和は遠くになっちゃった…?」目次ページへ    トップページに戻る 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

呑兵衛あなさま

いつも、コメント、ありがとうございます。
あの頃、若者たちがよく歌を歌ったのは、ひとつには、「貧しかったから」でもあったと思います。
「歌う」は「無料」でしたからね。
バイトして、やっと、ガット・ギター一本買うぐらいが、関の山だったと思います。
いまの時代は、そうしたエナジーを「スマホ」が奪っているのかもしれません。
「青春」は「巣ごもり」してしまっているようにも見えます。

> 学園ソング⇒フォークソング⇒演歌、といった育ち方だったのでしょう。

これは、ちと違う――かな。
「演歌」は、任侠系の「ド演歌」とお水系の「艶歌」に分かれていくのですが、
「フォークソング」に慣れ親しんだ世代は、「ニューミュージック」にシフトチェンジし、
それがいまでは、「Jポップ」に流れている気がします。

> 語れば長くなるので、こんなもので。居酒屋のカウンターででも語り合いたい話題でス。

そうですね。こういう話には、チューハイがよく合いそうですね。

哲雄

Re: No title

私の生き方さま

いつもコメントありがとうございます。
「AKBに学園ソングを歌わせる会」でも作って、
プロモートしてみますか?
ジジ・ババ世代は、喜ぶと思いますがね。

哲雄

No title

学園ソングで「青春時代」をエンジョイしているかのごときを装うほど、あの年ごろを楽しむ人々が少なくなったのではないでしょうか。
現在、青春時代の若者や、お父さん・お母さんの世代にしても、○○ソングを楽しむ風潮が無いのではないでしょうか。

簡潔に表現すれば「歌を歌うことを楽しんだ世代は、団塊世代」と思います。
彼らの楽しみは、歌うことや車を運転する・登山などで自然に触れるといった、極めて限定された行為です。
中でも最も身近なことは歌を歌う事でしょう。
学園ソング⇒フォークソング⇒演歌、といった育ち方だったのでしょう。
古くは手拍子であった者が、ギターを知った。カラオケも、あの時代だったから爆発的に流行ったのではないでしょうか。
語れば長くなるので、こんなもので。居酒屋のカウンターででも語り合いたい話題でス。

No title

いいですね、それ!

AKBのメロディはかなり70年代の感じですから、結構パロディとして売れそうにも思います。フォークダンスっぽい振り付けなんかすると、団塊世代も、孫を応援するような気持ちで支持してくれそうな。

学園ソングが流行ったころの高校進学率はまだやっと70%弱くらいだったのではないかな、と思います。ある意味で、新興の中流世帯の子どもたちの歌だったのでしょうか。

「昭和」を懐かしむ番組は、今、すごく多いし、そこそこ視聴率も取れてるみたいですね。
本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。