あなたも「千の風」になる?~散骨のすすめ

 



バナー小

 相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話   08 

遺影と花
死んだら、自然に還りたい。
おそらくそれが、生きものである人間の
ごく自然な望みではないか――と思います。
しかし、土葬がほとんど行われない日本では、
還る方法がありません。
もし、あるとすれば――。




 「私のお墓の前で泣かないでください」と歌った『千の風になって』という歌がありました。秋川雅史が歌って大ヒットしましたから、まだ、みなさんの記憶にも新しいかと思います。参考までに、こんな曲でした。(→You Tubeより)

 ここからが、今回のテーマ。
 この歌の詩の作者は、なぜ、「泣かないでください」と言っているのか?
 それを追求してみたいと思うのです。
 詩が語っているのは、「そこに私はいない。眠ってなんかいない」から――です。
 では、どこにいるのか?
 「千の風」になって、「大きな空を吹きわたっている」と言うのです。

 原詩とされるのは、アメリカ人女性メアリー・フライが書いた『 Do not stand at my grave and weep(私のお墓に立って泣かないで)』という詩。これを日本語の歌詞として訳詞したのは、作詞作曲家の新井満氏です。

ふくろう
「千の風になって」は、「散骨賛歌」かもしれない

 詩ですから、いろんな解釈の仕方があると思いますが、筆者は、ひと目(というか、ひと聞き)で、「これは風葬の歌だ」と直観しました。
 「風葬」とは、本来は、遺体を自然の風化にまかせる葬い方ことを言うのですが、人間の数がこれだけ増えた地球上でそれをやっていたら、地表はいたるところ、腐敗した遺体だらけ――という状態になってしまいます。
 ちなみに計算してみると、こんな数字になりました。

地球には、何人埋葬できるか?

世界の陸地面積―――149億ヘクタール
内・人間が利用可能な陸地面積―――131億ヘクタール(88%)
内・農耕、牧畜、森林として利用されている面積―――87.8億ヘクタール
その他工業・商業等の活動に利用されている面積―――3億ヘクタール
人間が居住するために使える陸地面積―――40.2億ヘクタール
人間1人当たりが生活のために使える陸地面積(2050年予測)
―――4467㎡(66.8m×66.8m)
内・住宅用敷地面積(世界平均)―――約270㎡
人間1人あたり埋葬用面積―――約2㎡
人間1人当たり居住可能陸地面積への埋葬可能人数―――約2098人

 人間の寿命は、世界平均で約70歳ですから、70年に1人埋葬されるとして、14万6860年後には、地球の居住可能陸地は、埋葬または放置した人間の遺体で満杯ということになってしまいます。
 すべて「風葬」とした場合には、地上は人間の骨だらけになってしまう計算。埋葬した場合にも、墓地で満杯になってしまいます。
 これを避ける方法は、「遺骨の粉砕」しかありません。粉砕して「灰」にした遺骨を、土に還してあげるか、海に流してあげるか、「風」に吹かせてしまうしかない。つまり、「散骨」です。
 『千の風になって』は、「風葬」の進化した形としての「散骨」を歌い上げた曲と言ってもいいのではないか――と、筆者は思うのです。

ふくろう
古代、「死」忌む日本人は、死体を打ち捨てていた

 いまでこそ、世界一、「遺骨」にこだわる民族のように言われる日本人ですが、古代から平安時代の半ばぐらいまでの日本人は、まったく違っていました。
 古代の日本人は「」を「ケガレ」と考え、死者に近づくと「ケガレ」が伝染る(蝕穢=しょくえ)――と考えていました。いまでも、葬式から帰ると、「浄めの塩」を体に振りかけたりしますが、これもその時代の名残です。
 その時代の人たちは、身内に死人が出ると、その遺体を一定期間、野ざらしにしたり、「喪屋(もや)」と呼ぶ小屋に安置しました。やがて遺体に蛆が湧き、肉体が解け出し、完全に白骨になってしまうと、やっと人々は、死者が「完全な死」を迎えたと判断して、その骨を拾い集め、土中に埋めるか、そのまま遺棄しました。
 こうして遺体が白骨化するまで待つ葬法を「もがり」と言いました。「もがり」は、「風葬」の一種と考えていいと思います。
 死者が権力者や有力者であれば、骨を埋めた土の上に大きな土盛りを施し、それが「古墳」となりました。
 この「ケガレ」を遠ざけ、忌み嫌うという意識は、平安中期の10世紀半ばに最高潮に達しました。人々は、「ケガレ」が伝染ることを恐れ、遺体をできるだけ自分たちの周囲から遠ざけようとしました。芥川龍之介の名作『羅生門』に描かれた当時の都の表門・羅生門などは、放置され、野ざらしにされた遺体がゴロゴロと転がり、異臭を放つ、さながら地獄絵のようだった――と言われています。
 そんな時代に現れたのが、遊行僧の空也上人でした。

ふくろう
日本人の「遺骨」へのこだわりを生み出したのはだれか?

 「末法思想」が流布される中、念仏信仰集団を作って各地を巡り歩いた空也上人は、路傍に打ち捨てられたままの屍体を一カ所に集めては、焼いて供養し、仏を崇め、念仏を唱えて死者を弔えば、浄土へ行ける――と、説いて回りました。
 こうした僧たちの活動もあって、11世紀に入ると、貴族など上流階級の間に、遺骨や火葬骨を寺に安置して弔う者が現れ、12世紀末になると、それが広く一般にも広がっていきました。
 こうして、日本人は、「遺骨を恐れる民」から「遺骨をていねいに弔う民」へと変化していきます。
 日本人と寺と遺骨・遺体と墓――という関係が、社会の制度として固定化されたのは、江戸時代に入ってからでした。家康がとった「檀家制度」と「寺請制度」が、大きな役割を果たします。
 「檀家制度」とは、どの家もかならずどこかの寺の「檀家」とならねばならない、という制度。一方、寺院には、「寺請け証文」を発行させました。この証文は、庶民が結婚したり、就職したり、旅行したりする際の身分証明書として使われました。いまで言う「戸籍謄本」とか「住民票」のようなものですね。幕府は、それを管理・発行する役目を寺院に背負わせたわけです。
 徳川幕府は、こうして寺院を行政機構の中に組み込むことによって、民衆の管理を容易にすると同時に、寺院からは、幕府を批判したり歯向かったりする力を奪っていきました。
 この制度は、日本の仏教寺院を堕落させる大きな原因ともなりました。布教活動などしなくても、信者を確保して安定した収入が得られるのですから、寺院は、宗教団体としての活力を失っていきます。日本の仏教が「葬式仏教」などと呼ばれるようになったのは、ひとつには、この制度のせいだと言ってもいいかと思います。
 こうして、人が死ねばその遺骨を先祖代々の墓に収めるという形が、日本の社会には定着していきます。日本人の遺骨へのこだわりは、こんな経緯を経て日本人の精神の中に刻み込まれていったもの――と考えてもいいかと思います。

ふくろう
「遺灰」を通して、人の命は自然に還る

 しかし、最初に申し上げたように、こんな弔い方を続けていると、14万年後には、世界の陸地は人間の遺体や墓地で満杯になってしまいます。
 そこまで人類が生き残っているかどうかはわかりませんが、そうした事態を避けるには「散骨」するしかない――というのが、筆者の考えです。
 「遺骨」を埋めるには、「墓地」が必要(墓地埋葬法)です。勝手に庭に遺骨を埋めたりすると、「違法」行為として処罰の対象になってしまいますが、「散骨」に関しては、国は「容認」の態度をとっています。
 1991年に法務省が出した見解では、

 節度をもって葬送のひとつとして行う限り、問題はない。

 とされています。
 「遺灰」であれば、自分の庭の花壇に撒こうが、樹木の根っこに撒こうが、問題なし――というわけです。
 土に還す、自然に還すという意味でも、私はそれがベストな方法ではないかと思います。その遺灰を吸収して、翌年、トマトが真っ赤な実をつけてくれたら、私だったら、「その人の命がこんな立派な果実になって実ってくれた」と感じ、涙を浮かべながらその実を食すだろうと思います。
 もし、それが花であれば、故人の命の恵みを受けて咲いてくれた美しい花を摘み、ありし日のその人の姿を思い浮かべながら、愛で続けるだろうと思います。
 「散骨」したのが海であれば、その海で獲れた魚にその人の命が宿っていると感じて、「これ、うんめェ」と、刺身にして食ってしまうでありましょう。
 たとえ、「その人」が見ず知らずの他人であっても、それは同じことです。
 こうして、人の命が、大自然の生命の循環の中で生かされていく。なんと素晴らしてことではないか――と私は思うのですが、しかし、そうは思わない人たちもいるようです。

ふくろう
「散骨」を「汚染」と排斥するエゴな住民たち

 「庭なんかに散骨されたら、風に舞った遺灰がうちの庭にまで飛んでくるではないか」
 などと言い出す人たちが、必ず出てきます。
 中には、「地下水が汚染される」などと言い出す住民がいたり、「風評被害でうちの野菜が売れなくなるではないか」などと口にする農園経営者までいたりします。
 「風評被害」と言えば、自分の主張に正当性が得られる――とでも思っているような最近の風潮、私はいかがなものと思っているのですが、それはともかく、こうした主張に共通するのは、「住民エゴ」と言ってもいいわがままです。
 そのエゴな主張の背景には、もしかしたら「死」を「ケガレ」と感じた古代人の死生観が潜んでいるのかもしれません。あるいは、ただ「気持ちわるい」と感じているだけなのかもしれません。
 しかし、そうした住民トラブルが頻発したために、自治体の中には、「散骨」を禁止しようとするところも出てきています。2008年には、埼玉県の秩父市が、「何人も墓地以外の場所で焼骨を散布してはならない」という条例を制定しました。
 保育園建設に「子どもの声がうるさい」と反対するなど、もはや、とどまるところを知らない「住民エゴ」。そのうち、「散骨禁止」をうたう自治体が増えていくことも予想されます。
 安全に「散骨」しようと思ったら、専門の業者に委託するという方法もあるのですが、業者に委託すると、20万円ほど費用がかかってしまいます。
 こんなことをやっていると、「遺灰」はそのうち、邪魔な「産業廃棄物」扱いになってしまうかもしれません。

 それでいいのか、日本人!

 声を大にして叫びたい支配人・長住でありました。

支配人・長住哲雄の近著です!


   「相続&葬儀・墓地のぶっちゃけ話」目次ページへ    トップページに戻る 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 葬儀と墓地のぶっちゃけ話
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 散骨を希望しているのですが。。。

ほのちくりん

ご訪問&コメント、ありがとうございます。
散骨にお決めになったのは、賢明な選択かと思います。
私の友人たちにも、そういう選択をする者がいて、
昨年、故人が希望した沖縄の海まで、
散骨に行って来ました。

私自身も、遺骨は粉骨にして、
「樹木葬」にしてもらおうかと思っています。
もし、宗教心がないのであれば、
「樹木葬」もいいかと思いますよ。
ただし、こちらは、「集合墓」となります。
地上には、ネームプレートが残されるだけ。
ほんとは、粉にして樹木の根本に撒きたいのですが、
いろいろ制限があるようで……。

哲雄

散骨を希望しているのですが。。。

はじめまして。

我が家には お墓がありません。
子どもも娘2人ですので、今後を考え 
お墓はつくらないという選択をしました。

夫は 海への散骨希望しています。
わたしは、夫の実家のお寺に 納骨してもらうか、散骨するか、
娘たちに どちらかを選択してもらおうと思っています。

でも娘たちに 「はい、後はお願い」というわけにはいかないだろうと、下
調べのため『お墓に入りたくない! 散骨という選択』という本を読みました。

日本は わざわざ遺骨が焼け残るように火葬するのですね。
散骨する場合 遺骨を粉末状にしないといけないんだとか。
(人骨が見つかった場合、犯罪被害者の遺骨の
 可能性を考慮しないといけないため)
アメリカなどでは すべて灰になってしまうので、
そのまま散骨できるようです。
遺骨を粉末状にするのも、大変だなと思っていたら、
葬儀社の中には 散骨用に加工してくれる業者もあるようです。

夫もわたしも 宗教心が全くないので、
お墓であれ お寺であれ供養してもらいたいわけではないのですが、
お寺に永代供をお願いするか、散骨すれば、
娘達に後々負担をかけずにすむと思っています。

葬儀もお墓も 亡くなる本人より、
残される人たちの心の区切りや、よりどころなのかもしれませんが。。。

Re: 初めまして。

さま

コメント、ありがとうございます。
ええ、「一方通行」は、私の人生の常ですから、
「申し訳なく」なんて思わなくていいですよ。

「いいもの」は「いい」と、
ただ、みなさんにご紹介したいだけの気持ちですから。
どうぞ、これからも、いい記事を書き続けてください。
私が願うことは、ただそれだけです。

哲雄

Re: 大賛成

呑兵衛あな

いつも、コメントありがとうございます。
私も、死んだら「散骨を」と願っているのですが、
問題は、呑兵衛さん同様、「撒いてくれる人」がいないことです。
カラスにでも突かせてやるか――と思っているのですが、
そんな気の利いたカラスがいるかどうか――。

哲雄

初めまして。

『ゆりかごの歌』の管理人、窓と申します。
先ほどは、ブログへのご訪問と感想、さらにリンクの件も、まことにありがとう存じます。

私の方にもコメントさせていただいておりますが、一方通行のリンクになっても構わないでしょうか。

そこは申し訳なく思うのです。

先ほどからカテゴリ別に記事を読ませていただいています。

プロの方の書かれるブログは、初めてですので、コメントも緊張いたします。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

重ねて、ありがとございました。

※記事への感想は長くなりますので、またにさせていただきます。



大賛成

散骨に大賛成です。
魂なるものの有無について議論したくは有りませんが、骨には宿らないことは間違いないと思います。
輪廻でも再生でも肉体があってこその成せる技でしょうし、償却されたカルシュウム状態の骨だけあったところで...

子供や親族関係のいない私としては、墓に祀って貰うつもりは有りませんが、死亡に関する各種事務手続きと散骨してくれる組織を探しています
本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR