スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の歌は、なぜ、「鼻歌」にできないのか?





バナー小

 昭和は遠くになっちゃった…?   06 


踊る若者どうも、最近の歌は、覚えにくい。
なかなか頭に入って来ないし、
「鼻歌」にして口ずさむというところまで
行かない。実は、これには理由がある。
最近の歌からは、ある種のリアルが、
失われつつあるようなのです。
そこが「昭和の歌」と「平成の歌」の違い――。




 最近の歌は、覚えにくい。
 そう感じている人も、少なくないだろうと思います。支配人も、そう感じているオヤジのひとりです。
 「覚えにくい」というのには、二重の意味があります。まず、歌詞が頭に入って来ない。そして、メロディが脳の中に定着しない。
 歌詞も、メロも、定着しないので、つい、その歌を口ずさむというところまでいかない。つまり、なかなか「鼻歌化」できない。「覚えにくい」ということを現象的に説明すると、そういうことになります。
 昭和のヒット曲には、10年も20年も歌い継がれ、100万枚、200万枚と売れるメガ・ヒットが、何枚も生まれましたが、平成のヒット曲では、それが少ない。
 どうしてか?
 支配人なりに、分析してみたいと思います。

ふくろう
「大衆化」という作業を行うプロがいなくなった…?

 これは、いいことかわるいことか、筆者には何とも言えません。
 いまでも、作詞の専門家や作曲の専門家が、どうすればヒットするかを練りに練って書き上げ、作り上げた曲が、オリコンの上位にランクされたりもします。しかし、それよりも、ミュージシャンが詞を書き、曲を作り、自ら演奏して、ファンに直接、訴えるという形で、発表される曲のほうが多くなったように見えます。それはそれで、音楽の可能性を広げて見せてくれているわけで、そのスタイルそのものは、われわれ団塊の世代が生み出し、支持してきたスタイルでもありました。
 しかし、その結果、何が起こったかというと、音楽という世界の「多ジャンル化」、商品として言うなら、「多品種化」――です。
 さまざまなミュージシャンたちが、それぞれのスタイルで、それぞれの思想やテイストに合う曲を書き、そういう曲には、コアなファンがついて、熱烈に支持する。しかし、そういう曲が一般大衆の心を動員するところまでいくかと言うと、なかなかそうはならない。
 大衆に幅広く受け入れられるためには、曲=メロディをできるだけ単純化したり、詞にインパクトを持たせたり、大衆に共感されやすいメッセージをちりばめたりする工夫が必要になるのですが、そういう工夫は、音楽に限らず、あらゆるアーティストにとって、あまり心地のいいものではありません。
 「大衆に受けるため」は、アーティストがアートに純粋であればあるほど、「大衆迎合主義」として退けられる傾向にあるからです。
 「覚えやすい歌」=「大衆化された歌」と考えると、音楽のこうした「多ジャンル化」は、「最近の歌は覚えにくい」と感じさせる要因のひとつと言っていいかと思います。

ふくろう
もう、使える音の組み合わせが残ってない…?

 技術的な問題もあります。
 オリジナリティそのものが、もう限界に達しているのではないか? 音楽界には、そんな危機感をささやく人もいます。
 それが特に指摘されているのは、メロディの世界です。
 音楽をかじった人ならおわかりだと思いますが、メロディは、ド(C)⇒シ(B)の音階を半音ずつに区切った「12の音」の組み合わせで作られます。どんなにガンバっても、音は「12」種類しかありません。それを組み合わせて、メロディを作るわけです。
 もう、組み合わせは使い切ってしまった――と言う人もいます。これ以上、どんなにガンバって新しいメロディを作っても、どこか、既存のメロディに似てしまう。ヘタすると、「盗作」扱いされてしまう。だれも作らなかったメロディを新たに作るというのは、もうムリなのではないか、と言う人もいるほどです。
 特に、人の耳に飛び込んで、すぐに覚えられてしまうような、歌いやすく親しみやすいメロディに関しては、もう出尽くした――という感もあります。
 すると、どうなるか?
 ひとつには、音楽が「脱メロディ化」します。パーカッション中心で、リズム音ばかりが目立ち、そこに歌詞とは言えないシャウトやため息や感嘆詞をちりばめたような歌。あるいは、単なるセリフとしか思えない言葉をリズムに乗せて吐き出す「ラップ」と呼ばれるジャンル。
 こういう楽曲は、どんなに受けても、それを覚えて口ずさむ――ということにはなりません。口ずさむために必要なメロディが、ほとんどないに等しいからです。
 もうひとつには、「メロディの複雑化」があります。単調な旋律では、どうしても既存の曲に似てしまうので、最近の曲は、やたら修飾音を付け、不必要な(と思われる)小節を回すなどして、メロディを複雑に見せようとする傾向があります。
 そうして複雑化されたメロディは、よほどのカラオケ達人でもない限り、シロウトが簡単にコピーして歌うということはできません。つまり、「鼻歌化」できないわけで、これも、「最近の歌は覚えにくい」現象を招いた要因のひとつと言っていいでしょう。

ふくろう
歌詞にストーリー性を感じる「リアリティ」がない

 これは、音楽に限った話ではないかもしれません。
 描かれる風景、語られる愛のありよう、交わされる言葉……そういうもののすべてが、どこか架空で、空々しく、リアル感が感じられない。なので、頭の中に、歌われている情景が映像として定着できない。
 最近の歌を聴いていると、どうもそう思えて仕方がないのです。
 昭和の歌、たとえば、岡本まさみが詞を書き、吉田拓郎が曲を作り、森進一が歌って大ヒットさせた『襟裳岬』という曲。その歌詞は、

《北の町ではもう 悲しみを暖炉で
燃やしはじめてるらしい》

 と始まり、二番では、

《君は二杯めだよね コーヒーカップに
角砂糖をひとつだったね》

 と歌い始めます。
 さだまさしが詞と曲を書き、山口百恵が歌ってヒットし、いまだに結婚式などで歌い継がれている『秋桜』も、詞はこんな情景から始まります。

《うす紅の秋桜が秋の日の
何気ない陽溜りに揺れている》

 「何気ない陽溜り」ってのがいいねェ――と聴いていると、歌詞はさらに続けます。

《此頃涙もろくなった母が
庭先でひとつ咳をする》

 オーッ、何というリアリティ。何という観察眼。
 そういう歌を聴いていると、歌詞が自然に映像として浮かび、自分なりに想像したストーリーを伴って、脳に記憶されていきます。
 歌を覚えるというときには、われわれは無意識のうちに、脳の中でそういう作業を行っているのだと思います。
 ところが、最近の歌には、その「リアル」がない。「感情」の「リアル」、「欲求」の「リアル」はあっても、「背景」の「リアル」、「ストーリー」の「リアル」がない。
 だから、歌が、ただ自分の「感情」を吐露し、叫んでいるだけ――のように聞こえてしまう。

  ずっとキミを愛していたい。
  夢に向かって進むんだ。
  アイ・ラブ・ユー、アイ・ニード・ユー。


 そんなストレートな感情をどれだけリピートされても、心のひだにまで染み込んでこない。映像化もできない。したがって、長く脳の中にとどまることができない。
 こちらの理由も、かなり大きいのではないか――と、筆者は思っています。

ふくろう
「リアル」を感じられない社会が「覚えられない歌」を生み出す

 最後の理由=「歌にリアリティを感じない」は、単に、創作上の流儀や思潮が変化した結果、というだけではないだろうと思います。
 創作に関わる人間の生活や生き様の中から、「リアル」が失われつつあるのではないか――と、筆者・長住は思うのです。
 その「リアル」を奪っていくものは何か?
 労働力の「非正規化」による「雇用のリアル」の喪失、生産工程のロボット化による「生産のリアル」の喪失、過度の「SNS化」による「人間関係のリアル」の喪失……それらのすべてが、若者たちから「リアル」を剥ぎ取っていったのではないか?
 もしそうだとしたら、「覚えられない歌」が虚しく響く現代という社会は、私たちに決して「心豊かな未来」を約束してはくれない。
 私はそこに、暗澹たる思いを抱くのですが、みなさんはいかがでしょうか?

支配人の近著です

   「昭和は遠くになっちゃった…?」目次ページへ    トップページに戻る 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。