スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「昼カラオケ」がシニアを孤立から救う~ある居酒屋の試み

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   06 

みんと外観 シニアの社交場として、いま、
「昼カラオケ」が注目されています。
たいていの店が、
《1000円、ワンドリンク付きで歌い放題!》というシステム。そんな中に、
福祉とカラオケを融合させた、
ちょっとユニークな店を発見!




 千葉県船橋市、新京成線「高根木戸」駅から歩いて7分ほどの閑静な住宅街に、その店はあります。
 「昼カラオケ みんと」と大きな文字で書かれた、外壁一面を覆うような看板。これなら、どんな高齢者でも、迷うことなく店を見つけられそうです。
 店内に入って驚かされるのは、奥正面に設けられた大きなステージと、その前に開けた広いフロア。そのフロアを囲んで「コ」の字型にボックス席とスタンドが並んでいます。
 「居酒屋カラオケ」としては、やや広すぎるとも感じるスペース。しかし、同店を運営する「株式会社ふくしねっと工房」の友野剛行代表は、「それこそが重要」と、ステージと広いフロアの意義を語ります。

カラス「昼カラオケ」にはステージが欠かせない――という理由

 友野代表によれば、「昼カラオケ」を「カラオケボックス」にしたのでは、あまり意味がないのだそうです。
 最大の理由は、「2人、3人で個室に閉じこもって歌う、という形では、グループ間のコミュニケーションが生まれないから」です。

みんとステージ みんと客
広いステージで気持ちよく歌うお客さん(左)とボックスシートで歌にに耳を傾けるお客さん(右)

 取材に訪れた日は、「敬老の日」ということもあって、店内は、高齢者のグループで、ほぼ全席、埋め尽くされていました。年齢は60代から80代まで。それぞれ、2人か3人ずつのグループに分かれて座っているのですが、1曲、だれかが歌い終えると、すぐ次の曲がかかり……というふうに、ステージには、常にだれかが立ってマイクを握り、身振り手振りよろしく、自慢の歌を披露しています。
 人が歌っているのを聞きもしないで、下を向いて歌本をめくり、自分の曲を探す――などという、カラオケボックスでおなじみの光景は、「みんと」では見られません。だれかが歌っている間は、ほぼ全員がスポットライトの当たったステージに注目し、それがムーディな曲であれば、1組、2組……と席を立って、ダンスを始めます。
 歌い終わった人と次に歌う人は、ひと言、ふた言、言葉を交わし合い、どちらかが席を立って、相手のグループの席で談笑にふけるという場面も見られました。
 こうして地域の見知らぬ同士がふれあい、やがては、そこに「コミュニティ」が形成されていく。「昼カラオケ みんと」というスペースは、そんなコミュニティ作りに確かな役割を果たしているように見えました。
 しかし、友野代表によると、「ステージのある昼カラオケ」が果たす役割は、それだけではありません。ステージに上がってスポットライトを浴びる――という行為そのものが、高齢者の脳に、いい刺激を与えているのではないか、と言うのです。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

晩年に友だちが多い人の、ちょっとした「脳の習慣」

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   05 

砂丘のふたり
晩年を迎えても、すぐに友だちが作れる人と
友だちもなく「孤立」していく人。
その違いを生み出すのは、
ちょっとした「脳の習慣」の違いです。
友だちができやすい人の脳は、
どんな習慣を身に着けているのでしょう?




 歳をとるにつれ、友だちが減っていく一方――という人もいれば、歳をとっても、新しい友だちが次々にできてしまう――という人もいます。
 そもそも社交性があるかないかという性格も関係するでしょう。何か社会的活動を続けているかどうか、も関係してきます。お金があるかどうかも、もしかしたら関係するかもしれません。
 しかし、それらの条件がすべて同じだったとしても、「晩友」ができるかどうかの差を生み出してしまう要因が、ひとつだけ存在します。

カラスあなたは、初めて会った人を覚えていられますか?

 悲しいことではありますが、何か「新しいこと」を記憶する能力は、歳をとるごとに衰えていきます。「人」に関しても、同じです。
 こんなことを感じることはないでしょうか?

  あれ? あの人、どこかで見たような気がするんだけど、どこで会ったんだっけ?

 筆者・長住も、しょっちゅう、そんなことを感じています。
 しかし、これじゃダメなんですね。せっかくだれかに会って、もしかしたらその人とは「友だち」になれたかもしれないのに、「だれだっけ?」なんて言っていたのでは、「晩友」は作れません。
 こんなとき、多くの人はこう思う人かもしれません。

  歳だな。オレも脳細胞がボケちまったか……?

 たぶん、この感じ方は、正確ではないだろうと思います。だいたい、「脳細胞」という言い方も正確ではありません。言うなら、「脳の神経細胞」ですが、この神経細胞そのものが劣化するということは、何か病的な原因でもない限り、あまり考えられないからです。
 衰えるのは、神経細胞そのものではなく、神経細胞と神経細胞をつなぎ合わせる「ネットワーク」だ。
 脳科学者たちは、そう指摘しています。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

手作りの「ご縁カフェ」で町興し~シニア7人の挑戦

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   04 

まつばR外観 一様に高齢化の波に洗われる各地の団地。
「シャッター通り化」の危機に直面した
団地内商店街を活性化しよう――と、
千葉県のとある町で、
7人のシニアが立ち上がり、
自分たちの手でカフェを立ち上げました。
その奮闘記――。




まつばR天井 千葉県柏市北部のベッドタウン、松葉町。「ご縁カフェ・『まつばR(マツバール)』」の天井は、サインや絵を描き込んだボードで埋め尽くされています。その数、およそ1000枚。その数こそが、「まつばR」誕生の秘密を物語っています(写真右)。
 「この一枚一枚には、寄付をしてくださった住民のみなさんの名前が記されているんですよ」と、自慢げに話してくれたのは、同カフェの理事のひとりで、ゼネラル・マネジャーを務める納村健治さん。自らキッチンに立って、料理や飲み物を作るほか、店が企画するイベントの運営などを手がけています。
 「自分たちでコミュニティ・カフェを立ち上げようか」という話が持ち上がったのは、いまから4年前のことでした。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

おひとり様シニアよ、大いにムダ口たたくべし!

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   03 

砂丘のふたり 「おひとり様」で晩年を過ごす
高齢者の単身世帯が、全高齢者世帯の
4分の1に及ぶのだそうです。
「おひとり様」を長く続けていると、
真っ先に衰えてくるのが、声帯。
声を退化させないために、心がけたいこと。
ムダ口、大いにたたくべし! ですよ、みなさん。




 みなさん、ご存じでしょうか?
 日本の高齢者世帯(=65歳以上の高齢者がいる世帯)のおよそ4分の1は、男ひとり、または女ひとりの「おひとり様世帯」なんだそうですよ。
 内閣府が発表した「平成26年版高齢社会白書」によると、平成24年現在、「65歳以上の高齢者がいる世帯」の数は、2093万世帯で、全世帯数4817万世帯の43.4%。およそ4割を占めています。
 その内訳は、下記のとおりとなっています。

総数―――――――――――2093万世帯
単身世帯―――――――――486.9万世帯(23.3%)
夫婦だけの世帯――――――633.2万世帯(30.3%)
親と未婚の子のみの世帯――441.0万世帯(19.6%)
三世代世帯――――――――319.9万世帯(15.3%)
その他――――――――――242.0万世帯(11.6%)

 何を隠しましょう。かく申し上げる支配人・長住も、立派に(?)「単身高齢者」のひとりなのですが、実は、問題あり! この「おひとり様シニア」を長く続けていると、体にある顕著な変化が表れ始めるのですね。
 今回は、そんな話をしてみようかと思います。

カラスだれとも話さない生活が続くと、アレは萎縮する

 長住は、8年ほど前までは、自分のオフィスを持っていました。常勤のスタッフもいましたし、出入りする外部スタッフもいました。一日、だれとも話をしない――なんてことは、想像もできない生活でした。
 しかし、そのオフィスは、諸般の事情により、閉鎖せざるを得なくなりました。こうなると、生活は一変します。だれとも会わないまま一日を過ごす――という日が多くなりました。そんな生活が、早や、9年目に突入しようとしています。
 みなさん、こうなると、何が起こるか、わかりますか?
 自分では想像もしていなかったのですが、衰えてしまうんです、ある機能が。
 いいえ、みなさんが、いま頭に描いたようなこと(?)ではありませんよ。
 体の中のある器官が、萎縮してしまうんです。いわゆる「廃用萎縮」というやつですが、それが起こるんですね、声を出す器官=声帯に。
 声を出してしゃべるということを一定期間以上やらないでいると、声帯は萎縮して、声がどんどん出なくなってしまいます。
 他に何も取り柄はないけれど、声だけは……と思っていた自慢のハイ・バリトンが、実に情けないかすれ声になってしまっていることに気づいたとき、「こりゃ、いかん」と思ったわけです。
 声は、使わないと退化する
 「おひとり様」には、ぜひとも気をつけていただきたい――と思うことのひとつなのですが、そうならないためには、意識して、声を出すしかありません。
 とはいえ、ひとり暮らしの自室の中で叫んだりしていると、「あそこのジジイは頭がおかしい」と思われかねません。電車の中で大きな声を出すのも、道を歩きながら叫ぶのも、公序良俗という観点から言うと、決して好ましいこととは思えません。
 しかし、声は出さなくちゃいけない。それも、「会話」という形で。そのために、私が心がけていることがあります。
 題して《ムダ口、大いにたたくべし=5か条》
 中には、バカバカしいと思われる項目もあろうかと思いますが、長住は、いたってマジメに実践しています。本日は、それをご紹介させていただきたいと思うのです。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

アラ還女性を「お嬢さん」と呼ぶ勇気

バナー小

 「晩友」&「コミュニティ」   02 

砂丘のふたり
「晩友」を作るのがうまい人には、ひとつ、
図抜けて得意なことがあります。それは、
あいさつに付け加える「余計なひと言」。
そのひと言には、一瞬で相手の好意を増量させる
ある要素が含まれているのですが、
それは何かと言うと……?




 ご近所でも、ちょっと参加した集会でも、何かの趣味の集まりでも、すぐに友だちを作ってしまう人がいます。どうせ友だち作るなら、「異性の友」がいい――と思う人も、あるいは、いらっしゃるかもしれません。
 別に、いけないことでも何でもありません。人間、いくつになっても、異性の友だちができるのは、うれしいもの。その気持ちが「晩年」の活力にもなる。支配人・長住は、固くそう信じています。
 ま、これは、異性に限らず……の話なのですが、だれかと親しくなるきっかけとなるのが、「あいさつ」です。よく知らない人に声をかけるとき、みなさんは、どんな声のかけ方をしているでしょう?
 「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」でしょうか? ま、ふつうですね。
 「どうも、どうも……」でしょうか? よく使いますが、ちょっとあいまいすぎます。
 「あの……すみません」ですか? これもよく使いますが、なんだか、恐る恐る交番を訪ねるときのようで、いまいち、パッとしません。
 特に、異性にかける声としては、なんとも物足りません。インパクトに欠けるのです。
 こんなとき、高田純次だったら、どう言うか? ズバリ、こうです。

 もしもし、お嬢さん。

 相手が何歳であろうが、自分より年上であろうが、「いい加減」を自認するこの人は、「お嬢さん」と声をかけるのです。もちろん、声をかけられたほうは、「あら、私のこと?」と、一瞬、うれしそうな顔をなさいます。
 相手の心を一瞬で緩ませる「あいさつ」には、この要素が必要なんですね。以下、そのポイントを解説してみます。

続きを読む

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。