スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「終わり」を予知しているからこそ、「いま」が美しい

バナー小

 晩年の哲学   13 

哲学先生 
あらかじめ「死」を予定に組み込むことができる
唯一の生きもの、それが人間です。
「死」を予定した上で「いま」を生きる。
ほんの束の間にすぎない「いま」という時間を
人は、何のために生きればいいのでしょう?




 「数値、高いですねェ」と、医者は言うのである。
 「このマーカーの数値は、ガンである確率が50%という数字です。私は、生体検査をお受けになることをお勧めしますがね」
 まだ若いその医者は、努めて冷静に、血液検査のデータを解説してみせた。
 不思議なことに、驚きもしなければ、動揺もなかった。
 で、その検査とやらを受けて、悪性の腫瘍が見つかったとして、どうするわけ?
 腫瘍を切除して、抗がん剤やらなんやらでガンと闘って、5年やそこら、寿命を延ばして、それで……「ああ、よく闘った」と満足して、結局は死ぬ?
 そんなことに意味があるのか――と、心底思うので、「ま、一応、考えてみます」とだけ答えて、病院を後にした。

 あ、これ、つい最近の話です。
 どうも、夜中にトイレに立ちたくなる。「やれやれ、歳だな。夜間頻尿かよ」と思っていたら、そのうち、その尿がなかなか出てこなくなった。尿意はあるのに、いざ、トイレに立っても、尿はポタポタ……という感じでしか出ない。
 いわゆる「排尿困難」ってやつだな――と、エコーで検査してみたら、ご多分にもれず、見事な「前立腺肥大」。そのときの血液検査で、マーカーの数値が高いという結果が出て、前出の医師の診断となったわけです。
 その肥大がガンによるものであるかどうかを調べるために、大腸から針を刺して組織を採取し、生体検査をしてみてはどうか――と、医師はしきりに勧めるのですが、私には、あわてて検査を受ける気は、ショージキ、ほとんどありません。
 ガンならガンでもいいや――というのが、正直な気持ちです。
 強がっているのでも何でもありません。
 高齢者と呼ばれるこの年齢まで生きてきた身としては、いつどうなっても、「そろそろいいんじゃないか」と思ってもいるからです。

男アイコン1
「死」を予定に組み込むことのできる唯一の存在=人間

 つまらない話をお聞かせしてしまいましたが、実はこれ、私の死生観にも関わる話なんですね。私は、こう思っています。

 人とは、いつか死ぬために、
 束の間の一生を与えられて生まれてくる生きものである。


 たとえ60年しか生きなかったとしても、85年生きたとしても、それは「束の間」にすぎない――と私は思っています。
 「人」とは何か――と問われたら、私は、間違いなくこう答えるでしょう。

 人というのは、自分が死ぬことをあらかじめ承知した上で、
 「生きる」ことを考えることのできる、地上唯一の存在である。


 「死」をあらかじめ自分の予定に組み込むことができる――というのは、人間の特典。それが5年や10年、早くなろうが遅くなろうが、恐れたり悲しんだりする必要はないじゃないか、と筆者は思うわけです。

続きを読む

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

「次にすること」「さっきしたこと」を忘れてしまう





バナー小

 ボケモンGO!   03 

ボケじいさん
あれ!? 次に何をするんだっけ?
さっき何をしていたんだっけ?
こういうことを記憶しておく力は、
「作業記憶」と言われます。
悲しいことではありますが、
その能力は、加齢とともに、
どんどん衰えていきます。
何か、防ぐ方法はあるのでしょうか?




 支配人は、これまでの人生の半分以上を、「自分のメシは自分で作る」をモットーに生きてきました。
 自慢じゃないけど、手慣れたものです。
 しかし、ここへ来て、その手慣れたはずの作業に、やや不安を感じるようになりました。その不安は、たとえば、こんな場面で顔を出してきます。

  あれ、この肉、もう塩を振ってあったんだっけ?
  あれ、オレ、何で鍋を火にかけたんだっけ? 何をするつもりだった?
  肉を炒める前に、何かしようと思ったことあったよな。何だっけ?

 こういうことでハタ……と手が止まってしまうことが、最近、少なくない。これって、そろそろボケてきたってことか?――と思ったりもするのですが、どうも、それともちょっと違うような気がします。
 確かに「脳力」は、若いときほどではない。しかし、ものを考えたり、分析したり、判断したりする「脳力」は、しっかりキープできている――という自負はある。
 では、何が衰えているのか?
 私がもっとも衰えつつあるなぁと自覚しているのは、「作業記憶=ワーキングメモリー」です。「作業記憶」というのは、作業を進めるために、脳の中に一時的に記憶される「短期記憶」のことです。

ふくろう
加齢とともに衰える「作業記憶」

 たとえば、あなたが「(3×4)+(4×6)」という計算を、暗算で行おうとしているとしましょう。こういうとき、私たちは脳の中で、こんな作業をします。
 まず、「3×4」という計算を行い、その結果「12」をいったん脳の中に記憶します。次に「4×6」という計算をして、その結果「24」も同様に脳の中に記憶します。
 このとき記憶した「12」や「24」は、計算結果を得るために一時的に脳の中に格納されただけの記憶なので、「12+24=36」という計算作業が完了した時点で、きれいに消去されてしまいます。
 ところが――です。加齢が進むと、この「一時記憶」されたはずのメモリーが、まだ計算途中だというのに、どっかへいっちゃうんですね。

  オーイ、さっき計算した「?」はどこ行った~?

 というわけです。これ、困るんですよねェ。
 私の場合、いちばん困るのは、文章を書くときです。私は、正確な記事を書くために、よくネットで調べものをします。たとえば、「湾岸戦争が起こったのは何年だっけ?」なんてことを調べるのにネットを検索して、「そうか、1991年だったか」とそれを「一時記憶」のフォルダーにしまったり、「あのCMに出ている女優、何て言うんだ?」とネットで調べて、「そうか、中条あやみっていうんだ」と確認し、それをやはり「一時記憶」のフォルダーに保存したりします。
 調べるのは、「年代」などの「数値」や「人の名前」だったりすることが多いのですが、これがかなりヤバい。「なるほどね」とネットを閉じて、いざ、文章の続きを書こうとすると、いま調べたばかりのはずの「数値」や「人名」が、頭の中から消えてしまっていることが多いのです。「待てよ、19……何年だっけ?」「中条……あれ、下の名前は何だっけ?」と、再びネットを検索し直すことも度々です。
 これも、「作業記憶=ワーキングメモリー」。こういう一時記憶をロストする率は、加齢とともに多くなったような気がします。

続きを読む

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

本日までのご来場者数
数あるclubのなかから当clubにご訪問いただき、ありがとうございます。

現在の閲覧者数:
Editing Staff
ピアノ

       編集スタッフ     

編集長 長住哲雄……主に実用書を手がけるエッセイスト&編集者。
通信員
・大北皓――西日本担当
・永沼千恵――北日本担当

         画像協力    

写真をお借りしました
・写真素材・足成
・フリー素材のpro.foto
イラストをお借りしました
・無料イラスト素材集【素材Good】
・無料イラスト配布マンガトップ

Thanks for Co-operating
当ブログの取材・編集にご協力をいただいた企業・団体、本ブログの考え方を理解して、支援してくださる企業・団体のみなさまです。ありがとうございます。

ビーグル

   仲間が見つかるコミュニティ   
★「ご縁カフェ・まつばR」

★「昼カラオケ 居酒屋みんと」

《PR》

お気に入りリンク集
訪問者はどちらから?
最新コメント
月別アーカイブ
お問合せ・投稿はこちらから
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。